労働基準法

2015.05.12

労基法改正に向けて、今知っておきたい「フレックスタイム制」の基礎知識

アパレルサイトを運営するスタートトゥデイ社の6時間勤務制度やファーストリテイリング社・伊藤忠商事の朝方勤務制度など、ここ数年いわゆる「九時五時」にとらわれない勤務形態を導入する企業が増えています。 安部政権も成長戦略の柱の一つとして「世界トップレベルの雇用環境・働き方の実現」を掲げており、国を挙げて「働き方改革」に取り組む動きが生まれています。

>記事を読む

2015.04.23

勤怠管理を軽く見るのはリスキー!
勤怠・労務管理データの戦略的な活用で企業の競争力も変わります

最近新聞を読んでいると、「長時間労働」や「働き方に関する企業の取り組み」についての記事を毎日のように目にします。安倍政権の成長戦略においては「働き方」や「労働生産性の向上」は重要なテーマとなっており、特に企業の労務管理の監視については政府が強い姿勢で取り組もうとしていることを感じます。 この時代、いつまでも労務管理を後回しにするような姿勢でいるのは危険です。

>記事を読む

2015.04.14

「年俸制だから残業代は支払わなくてもOK」ってホント!?
正しい「年俸制」導入のポイント

ベンチャー企業では、当たり前のように使われている「年俸制」という言葉。「成果主義」を最も強く反映する給与体系ということで「年俸制」を導入している企業は年々増えている印象です、恐らくこの記事をお読みの皆様のなかにも「年俸制」で働かれている方が多くいらっしゃるのではないかと思います。しかしその一方で、この「年俸制」は、多くの人が誤った解釈をしてしまっている言葉でもあるのです。

>記事を読む

2015.03.02

「振替休日」をとるか、「代休」をとるかでお給料が変わる!?――意外と知られていない「休日出勤」の仕組み

突然ですが、皆さんは休日出勤をしたことがありますか? 休日出勤をした場合、代わりに別の日に休みをとることがあるかと思うのですが、普段何気なく口にする「振替休日」と「代休」という言葉、全くの「別物」だということをご存知でしたでしょうか?

>記事を読む

2015.03.02

「知らなかった」では済まされない!36協定の基礎知識

皆さんは「36(サブロク)協定って何?」と聞かれたら、正しく答えられますか?36協定とは、正式には「時間外・休日労働に関する協定届」といいます。会社が法定労働時間以上の残業や法定休日出勤を従業員に課す場合には、本来は労使間で「時間外労働・休日労働に関する協定書」を締結し、別途「36協定届」を労働基準監督署に届け出ることになっています。

>記事を読む

ページトップへ
働き方研究所とは
Facebookページ
法律を知る
働き方を見直す
生産性を考える
多様性を受け止める