2016/03/24 10:00:00

【ニュースリリース】「TeamSpirit」と「TeamSpirit人事マスター」をメジャーバージョンアップ〜 両サービスのSpring'16を同時リリース〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に挑戦する人と企業の成功に貢献するクラウドサービスを展開する株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区 代表取締役:荻島 浩司)は、本日より、「TeamSpirit Spring'16」と「TeamSpirit人事マスター Spring'16」の提供を開始したことを発表します。
今回は、毎年3回実施しているメジャーバージョンアップの1回目です。

「勤怠管理」「工数管理」「経費精算」が連動し「電子稟議」や「SNS」と一体化することでオフィスワーク・オートメーションを実現するERPのフロントウェア最新版「TeamSpirit Spring'16(V5.60)」では、お客様のご要望にお応えして、下記の機能を追加・改良しました。

<<勤怠管理>>

  • フレックスタイム制でフレキシブルタイム外に残業申請・早朝申請を行う場合の初期値を変更できるようになりました。

<<事前申請/経費精算 共通>>

  • 支払先検索画面に振込先口座番号を追加しました。

<<工数管理>>

  • 作業時間が0時間でも工数実績を月次確定できるように変更しました。

<<経費精算>>

  • カード明細読込時に備考を入力できるようになりました。
  • カード明細読込で円建てのカード明細に外貨の費目を選択できるようになりました。
  • 店名検索に外部サービスを利用するか選択できるようになりました。
  • 店名検索で外部サービスにない店名をキャッシュできるようになりました。
  • スマホ領収書登録で必須項目を変更しました。

また、労務管理と原価管理を連動させるプロジェクト管理システムの最新版「TeamSpirit人事マスター Spring'16(V1.20)」でも、お客様のご要望にお応えして、下記の機能を追加・改良しました。

<<社員情報管理>>

  • 社員情報に戸籍名のカナを格納できるようにしました。
  • 入力画面に必須項目情報が表示されるようになりました。

<<マイナンバー管理>>

  • TeamSpiritにて自身の個人番号が登録されているかを表示する際、マスキング表示するか、「登録済み」「未登録」表示にするかを設定で切り換えられるようにしました。
  • 個人番号の表示画面にて、添付された画像の拡大や縮小、回転機能を追加しました。
  • マイドメインを設定した組織に接続できるように接続先組織のドメイン名を設定できるようにしました。
  • 支払調書受取人を登録する際、メールアドレスが未入力でも登録できるよう変更しました。
  • マイナンバーログに記録される内容を操作単位となるように変更しました。

これからもTeamSpiritシリーズを「ファンの皆様のために」強化して参ります。

どうぞ宜しくお願い致します。

Page topへ