2015/01/29 22:04:26

【2015年2月17日開催】

【満員御礼】マイナンバーセミナー:TeamSpiritはこう対応する!

このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎年金番号、健康保険被保険者番号、パスポートの番号、納税者番号、運転免許証番号、住民票コード、雇用保険被保険者番号など。各行政機関が住民に割り振る個別番号って、たくさんありますよね。こういう番号を一つにまとめてくれれば、忘れたり無くしたりせずに済むのに・・・。

この問題は私生活だけでなく、企業の現場でも発生しています。特に昨今、有期雇用労働契約、戦略的な終身雇用廃止、ダブルワークやワークシェアリング、といった新しいワークスタイルへの変化が進む一方で、勤怠管理・労務管理を始めとして、様々な事務手続きも複雑化・多様化し、これまでの延長線上では対処しきれなくなってきている企業が増えてきています。

こういった新しいワークスタイルの人への有給休暇や振休・代休、さらに残業申請や出張申請なども考えなければならないとしたら・・・・。

これまでの延長では対処しきれませんよね。

中でも、これらの変化をチャンスに変えようと積極的に動き始めているのが中堅・中小規模の企業です。これまでは、「社内の事務作業なんて、ちょっとくらい複雑になったって、月末に残業すれば済むでしょ?」くらいの認識しか持たれませんでしたが、これだけいろいろな変化が起きてくると、もはや総務や人事、経理のみなさんの職人技に依存するにも限界があるというものです。

そこへダメ押しとばかりに登場してきたのがマイナンバー制度です。マイナンバー制度への対応は、いろいろとありますが、受け身で対応すると、単に作業が増えるだけです。

せっかくなので、この機会を利用して、いろいろな面倒ことをラクにしてみませんか?→ラクになるためのセミナーはこちら!

※受付は終了いたしました。

Support
Page topへ