2015/09/07 09:23:17

【2015年10月23日開催】

なるほどTeamSpiritセミナー:働き方の多様性と36協定遵守を両立させるコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「24時間たったかーえまっすっか」

そりゃムリですよね。24時間ぶっ通しで働いた後は、48時間は戦闘力ゼロになってしまってもおかしくありません

しかし一方で、朝9:00から夜18:00まで、オフィスの自席でしか仕事をしてはいけません、という厳格なルールでは仕事がしにくい人達もいます。育児や介護など、家族のために日中に時間が必要になる人達です。

表面的には勤怠だけは形式的に記録して、実際は自宅でサービス残業といった働き方を、従業員が選ばざるをえない状況の人達が増えています。

「そんな柔軟な働き方を許容したら、深夜労働が増大して36協定が守られないのでは?」

ご心配はわかります。ですが、適切なツールを使って、むしろしっかり勤怠管理や就業管理することで、メリットは多いのです。 しかし、メリットを出すように管理するにはコツがあります。 とにかくデータだけエクセルに保管しておこう、という姿勢では、やはりメリットを享受する活用までの道のりは遠いです。 そんなアナタに、働き方の多様性と36協定遵守を両立させるコツを解説。

是非、この機会をお見逃しなく!

Support
Page topへ