2015/11/17 12:08:35

【2015年12月4日開催】

【SWTT2015】チームスピリットセッションにガートナー本好氏登壇!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カスタマーサクセスによるビジネス革新や、操作性向上による従業員の創造性向上など、ビジネスリーダーや多くの一般社員のビジョン実現を求められる中、これからERPはどの様に進化していくのか、急速な経営環境の変化に合わせてCIOとITリーダーはERPの刷新をどの様に進めるべきかについて、ビジネス・アプリケーション分野の日本国内・海外における市場動向/競合分析/将来予測の第一人者であるガートナージャパン株式会社 リサーチディレクター 本好 宏次 氏に解説していただきます。

本好氏は、ERP を中⼼としたビジネス・アプリケーション市場を専⾨とするアナリストであり、 同分野の国内外における市場動向/競合分析ならびに将来予測に加え、ユーザー企業向け製品選定/導⼊の⽀援・助⾔を行っています。日経BP社の各種雑誌へのコメント掲載やリサーチ・レポートも発表しており、企業のIT部門に在籍していて本好氏をご存じの方は多いと思います。

その本好氏が、12月4日13:00からのブレイクアウトセッションに登壇します。

13:00開演の上記セッションに加えて、チームスピリットのP-1ブースでは、出張伺い→出張手配→出張精算(経費精算)の業務の二度手間を減らしコスト削減にも繋がる新機能「出張手配機能」をデモンストレーションします。出張精算の二度手間、三度手間にうんざりしている現場だけでなく、出張経費明細の仕訳やギフト券付き宿泊パックのチェックなどのために月末残業が当たり前になっている総務部門や経理部門の方々にぜひ使って頂きたい新機能です。

この機能を使うことで、月末作業が軽減できるだけでなく、経費の不正利用を未然に防いだり、出張コストの削減も期待できます。経営陣も注目の新機能ですよ。

さらになんとP-1ブースでは、経費精算を便利にする新機能「領収書OCR登録」をデモンストレーションします。総務部門や経理部門の方々は、11月20日の日経新聞の報道に沸き立ったのではないでしょうか?

 

[引用] 政府・与党は従業員が経費精算のためにもらうタクシー代や飲食代などの領収書について、会社が保管する義務を2017年から緩める方針を固めた。領収書は税務調査の証拠となるため、原則7年間の保管義務がある。現在もスキャナーで読み取って電子データを保存すれば原本を捨てられるが、17年からはスマートフォン(スマホ)やデジタルカメラ(デジカメ)で撮影した場合も廃棄を認める。
(2015年11月20日 日本経済新聞)

経理担当の長年の悲願である、紙の領収書保管義務が、ようやく緩和されそうな報道です。

以前より、TeamSpiritでは、領収書の写真撮影による経費精算業務の効率化機能を提供しておりましたが、この度「領収書OCR登録」を正式にリリースし、さらなる業務負担の軽減に貢献します。
TeamSpiritがリリースする「領収書OCR登録」では、レジで印刷されたレシートや機械印字式の領収書をスマホのカメラで撮影するだけで、OCR処理により「日付」「金額」「店名」「適用」が経費精算の項目に自動で登録されます。
今後、前述の報道のように法改正が進み紙の領収書保管の義務化が緩和されていくと、領収書の保管業務も自動化されることが期待できます。

他にも、チームスピリットのP-1ブースでは、いよいよマイナンバー管理のコアとなる「TeamSpiritマイナンバーエンジン」を公開します。
「TeamSpiritマイナンバーエンジン」は、TeamSpiritおよびTeamSpirit人事マスターにアドオンして利用するマイナンバー管理専用データベースです。

情報漏えい事故ゼロを誇るセールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォームの標準のセキュリティ機能の利用に加え、クラウドならではのWサーバー形式を活用したマイナンバーデータのトークン化や、データへのアクセス履歴の記録といった高度なセキュリティ強化機能を装備することで、マイナンバーの安全管理措置に対応します。

さらにTeamSpirit1と組合せることで、スマホのカメラを使って個人番号の通知カードを撮影し OCRによる間違いの無い番号登録を実現したり、本人確認書類も同時に画像で送付したりするなど、安全で手軽なマイナンバーの登録と管理が可能になります。

この「TeamSpiritマイナンバーエンジン」と「TeamSpirit人事マスター」、「TeamSpirit」を組み合わせたデモンストレーションをCustomer Success Expo P-1ブースで実施します。
皆さまのお越しをお待ちしております。

〜SWTT2015 チームスピリットセッションお申込み方法〜

②タイムテーブルを選択できるページが開きます。上段が12/3(木)、下段が12/4(金)になっていますので、12/4(金)のタイムテーブルが表示されるまで下へスクロールしてください。

12/4(金)のタイムテーブルが表示されましたら、13:00〜の枠までスクロールしてください。

④ 8−3枠にチームスピリットのブレイクアウトセッションが表示されます。

⑤「8−3」左横のチェックボックスをクリックしていただくと、チームスピリットのブレイクアウトセッションを選択できます。

⑥選択した状態で、ページ最下部にある「参加申し込みページへ」をクリックしていただくと、申込者情報入力のページに移動しますので、そちらをご入力いただき、申込み完了となります。皆さまのお越しをお待ちしております!

Support
Page topへ