セミナー開催案内|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2017/12/20 19:00:00

【2018年1月23日開催】

「働き方改革」は従業員の健康から | 実名データの勤怠管理と匿名データの健康相談が労務問題の顕在化に役立つ理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理は、従業員の実名でないと当然できないものと思っていませんか?

確かに、誰が何時に来て何時に帰った、残業をした、休日出勤をした、有給休暇を取得した、といった勤怠に関する事項は実名でデータを記録する必要があります。

こうした労務管理にシステムを利用することは、従業員にも人事総務部門にもメリットがあります。例えば、残業や休暇は事前申請によって運用する企業が多いと思われますが、紙で申請や承認をしようとすると煩雑になる上、オフィスに出社して事務処理をしなければならないなど、色々な制約を受けます。クラウドのシステムを使えば、時間や場所を問わずに申請や承認ができ、給与計算に必要な情報も自動的に集まりますので、管理が楽です。

特定の部門や人ばかり残業時間が長く休日出勤が多く、負荷がかかり過ぎているといった状況も簡単に把握し、早めに手を打つことができます。

一方で、敢えて匿名で収集することで、労務管理に活用できるデータというのもあります。

従業員本人の心身、あるいはその家族の健康状態というのは、時にセンシティブな情報を含みます。病院に行くほどではない、あるいは何科を受診すればいいのか分からない、といった悩みを、専門家である医師に匿名で相談できる仕組みがあれば、気持ちが楽になることもあるでしょう。

実は職場でパワハラやセクハラ等を受け、メンタル不調におちいっている、あるいは親や子供の病気や体調不良等は、職場の上司や人事部には相談しづらいものです。それら従業員自身や家族の心身の不調を、第三者である医師へ匿名で相談することで、医師から迅速に的確な回答を得られ、場合によっては匿名のまま企業の人事部とも会話ができるようになっていれば、企業としても社内で顕在化していない問題を把握するのに確実に役立ちます

匿名データでも、問題を顕在化させることが可能なのです。

本セミナーでは、実名での勤怠労務管理に、匿名で利用できるシステムを合わせて活用することでできる労務管理について、解説致します。意識的に入力するデータと、入力時点では匿名のデータとの両方を活用して、企業の健康経営を進めていきましょう。

参加費用:無料

開催日時:2018年1月23日(火)15:30〜17:00

プログラム:

■15:00
受付開始

15:30
今こそ、労働時間の把握だけではない労務管理を
生産性向上につなげる、働き方のリアルタイムな可視化

株式会社チームスピリット

マーケティングチーム
マネージャー
根岸 純(ねぎし じゅん)

16:10
気軽に相談できるチャット医療相談で
従業員の健康不安を減らし、生産性向上を目指す

株式会社Mediplat(メドピアグループ)

メディカルアシュアランスチーム
チームリーダー
医師・医学博士
眞鍋 歩(まなべ あゆむ)

■16:50
質疑応答

■17:00
セミナー終了 

開催場所:

株式会社チームスピリット本社セミナールーム

■住所
〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階

■アクセス
● 東京メトロ銀座線京橋駅「4番」出口目の前(4番出口が工事中のため、1番出口より出てください。信号を渡った正面のビルで、右側に入り口があります。)
● JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
● 東京メトロ・有楽町線銀座一丁目駅より徒歩4分
● 都営地下鉄・浅草線宝町駅より徒歩3分

本セミナーは終了しました。

Support
Page topへ