2013/09/04 06:41:19

【一般的な設定と操作】給与計算ソフトとの連携はどうすればいいの?アッと言う間に給与計算を終わらせる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームスピリットは単なるタイムレコーダーでは無く、多様な勤務体系に合わせて複雑な残業計算も簡単に行うことができます。残業には法定時間内と時間外がありますし、休日も法定休日とその他の休日が有り、さらには有休や代休を考慮しなければならず、実は正確な残業計算をするのはとても大変でした。チームスピリットなら利用者が勤務確定した瞬間に計算がリアルタイムに完了するので、残業時間の集計が劇的に短縮されます。

そしてチームスピリットではその残業計算後の勤務データを簡単に給与計算ソフトに取り込むことができるので給与計算もアッと言う間に完了です。今回はこの給与計算ソフトにデータを引き渡すやり方について解説いたします。

「給与計算ソフト」 と 検索すると 無償から有償のものまで本当にたくさんのソフトがヒットします。その中でチームスピリットと連携している給与ソフトは?というと、答えは CSV 形式の取り込みをサポートしている全てのソフトになります。

チームスピリットはそれら多くの給与計算ソフトに対応するため、また会社毎に異なる残業の割増率に対応するため、法定時間内・外の残業や、法定休日とその他の休日など非常に多くの単位に細分化した CSVデータ を出力することができるようになっています。それらの中から必要な項目を選択して給与計算ソフトに取り込めば誰でも簡単に給与計算が可能になります。

 

それでは、早速 給与計算ソフトに取り込むための CSV ファイルの出力方法をご案内します。

給与計算ソフトに取り込むための CSV ファイルの出力方法

1. 管理メニュー>データ出力:【勤  怠】勤怠データを出力する をクリックしてください。

2. CSV で出力したい 「月度」 「部署名」 などを選択して 【検索】 をクリックしてください。

給与計算ソフト,勤怠管理,クラウド

【CSV出力】 をクリックすると、自動的に画面に表示された対象のユーザデータがダウンロードされます。出力項目の説明や項目の追加したい場合は、#3 にお進みください。項目名横に項目の説明が表示されます。

3. 【追加】 をクリックしてください。

給与計算ソフト,勤怠管理,Saalesforce

4. CSV 出力に追加したい 項目にチェックを入れて 【項目を追加】 をクリックしてください。

※各項目がどの様なデータの内容なのかは「詳細」に記載されたコメントでご確認ください。

出力項目 追加

5. 【OK】 をクリックしてください。 (「この設定を既定値として保存」 にチェックをいれると #4 で チェックをいれた項目が 「勤怠データを出力する」 画面にデフォルトで表示されるようになります。)

給与計算ソフト,勤怠管理

6. 【CSV出力】 をクリックしてください。(クリックすると、自動的に画面に表示された対象のユーザデータがダウンロードされます。)

給与計算ソフト,勤怠管理

 

これで、給与計算ソフトに取り込むための CSV ファイルが準備できました。後は、給与計算ソフトに CSV ファイルを取り込むだけです。

給与計算ソフトに CSV ファイルを取り込む

給与計算ソフトへの取り込みは、各給与計算ソフトの取扱説明書をご覧ください。例として、弥生給与と連携した場合の連携方法を動画でホームページに掲載していますので、どうぞ参考になさってください。

いかがでしょうか。このように 簡単に出力した CSV ファイルを 直接給与計算ソフトに取り込むことにより、転記ミスなども防げ迅速に処理することができます。

---
これからもチームスピリットの色々な機能や、Salesforceのクラウドプラットフォームでできる便利な使い方をこのBlogで公開して参ります。右メニューの「新着情報はこちらから」にメールアドレスを登録いただけると最新の情報をメールでお知らせしますのでご活用ください。

jack_
Page topへ