2015/09/02 13:51:28

【なるほどTeamSpirit】TeamSpiritの稼働状況は"trust" サイトで確認できます

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、"trust" というサイトをご存知でしょうか?

みなさまにご利用いただいているERPのフロントウェア「TeamSpirit」は、SalesforceのForce.com 上で動くアプリケーションです。"trust" は、Salesforce 社の Force.com サービスの稼働状況を確認するためのサイトです。

*trust はこちら(link: http://www.trust.salesforce.com/trust/

■"trust"サイトでの稼働状況の確認

"trust"サイトにアクセスすると、下記のように稼働状況を示すグラフが表示されます。セールスフォースのクラウドは世界中に点在するデータセンターで稼働しており、それぞれを「インスタンス」と呼んでいます。 インスタンスは、データが格納されているデータセンターの番号のようなものです。"trust"サイトでは、どのインスタンスで問題が起きているのかがひと目でわかります。TeamSpiritをご利用のお客様の多くはAPAC(アジア・パシフィック)にある3つのインスタンス(AP0〜AP2)のどれかで動いているTeamSpiritを利用しています。

ネットワーク瞬断などパフォーマンスの問題が発生している場合は、黄色や赤色に表示され、どのインスタンスで問題が発生しているか表示されるようになっています。黄色はパフォーマンスの低下、赤はサービスの停止を表します。

上図のケースでは、「AP1」というインスタンスで12時間ほど前にパフォーマンス低下の問題が発生したことを表しています。

また、現在、問題が発生している場合は、該当のインスタンスが黄色や赤色に変わり、"!"マークが表示されます。黄色や赤色に変わっている部分をクリックすると、問題の詳細と時間が表示されます。

上図は、AP0〜AP2のインスタンスの全てで問題が発生している例ですが、特定のインスタンスだけで問題が発生しているケースもあります。そのような場合は、自社が利用しているTeamSpiritが、どのインスタンスで稼働しているのか、知りたくなりますよね?

もちろん、インスタンスを特定する方法があります。みなさまがご利用中のTeamSpirit がどのインスタンスを使用しているのかは、ブラウザのアドレスバーに表示されます (下図 の赤枠で囲まれた文字です)。

一方、マイドメインなどを使用していて、アドレスバーに表示されている URL から判別できない場合は、少々手間がかかります。TeamSpiritの「稟議」や商談にある「添付ファイル」の「参照」などのリンクにマウスを重ねた際、ブラウザの下方に表示される URL より判断するという方法で確認することもできます(Chromeブラウザを使った場合)。

インスタンス名がわかると、自組織で利用しているインスタンスのみの稼働状況についても確認することができます。 利用中のインスタンスの稼働状況は、下記の URLより確認することができます。
http://www.trust.salesforce.com/trust/jp/instances/APx
※"APx" にご利用のインスタンス名を指定します


■慌てないためにも、定期的にメンテナンス日をチェック!

それぞれのインスタンスでは、定期的にメンテナンスが行われています。メンテナンスの種類や日時の詳細は、こちら(https://help.salesforce.com/HTViewSolution?id=000176208)をご覧ください。 メンテナンスの時間帯は、TeamSpiritへのアクセスが全くできなくなるということはありませんが、メンテナンスの内容によってはアクセ スできない時間帯が発生するものもあります。そのようなメンテナンスが行われる際は、各インスタンスのtrustサイト(http://www.trust.salesforce.com/trust/jp/instances/APx ※APxの部分にご 利用のインスタンス名を指定)のカレンダーに表示されています。

カレンダーの表示を「リスト」に切り替えますと、メンテナンス内容や時間帯、メンテナンス時のアクセ スについて確認することができます。

日中の営業時間帯にメンテナンスが行われることは多くないですが、業務上週末や深夜の利用が多い場合等は、ぜひこまめにチェックしてみてください。

***

TeamSpirit に接続しようとした際、ログイン画面すら表示されない、接続状況が非常に悪いといったことが稀にありますが、その際はまず、"trust"サイトにて稼働状況を確認するようにしてみましょう。

Support
Page topへ