2015/10/05 02:35:35

【weworkデビュー!】行ったぜサンフランシスコ!Dreamforce2015 [2/3]:San Mateo, Rocketspace, そしてwework

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年はDreamforce会場以外でも活動しました

前半の基調講演の興奮冷めやらぬまま、後半は、Dreamforceの会場から離れます。 HOTEL NIKKOの最寄り駅、Powell St.から、BART(地下鉄)に乗ります。 昨年も購入したBARTプリペイドカード、今年は20ドルチャージしました。 サンフランシスコ空港へ寄ってから、San Mateoに向かいます。 San Mateoには一体何が?


【UberXでDraper Nexusへ】

実は、チームスピリットに出資してくれているDraper Nexusのオフィスにお邪魔するためSan Mateoを目指していたのです。空港で代表の荻島と合流しUberを呼びます。 TeamSpiritはUber領収書を経費精算明細に取り込めるので、とても便利です。 SFOからSan Mateoまで、2,500円。意外と安いのではないでしょうか?

そして到着しましたDraper Nexusのオフィスです。 オフィスの一部はインキュベーションスペースとなっており、出資を受けたスタートアップが、サービスを開発しています。壁には英雄(ヒーロー)達の壁画です。

こちらで、チームスピリットの昨年のビジネスの結果と今後のプランを報告しました。「 3年で16倍に成長しましたよ、ふふん」と自慢しに行ったのですが、「生ぬるい。もっと資金調達してNASDAQ上場目指せ。」と叱咤激励されました。普段から「現状維持は劣化である」と肝に銘じているつもりですが、ちょっと成長したくらいでは認めてもらえません。なかなか刺激的なアドバイスを頂戴いたしました。 しかしこの吹き抜けの大空間、なんて開放的なんでしょうか。 チームスピリットも現在のオフィスに引っ越しして一年。既に手狭になりつつある京橋のオフィスを脳裏に浮かべながら、次はこんなオフィスにしていきたい、という構想(妄想)が膨らみます。

1階の入り口の近くには、「NO LIMITS」の看板とクルマが置いてあります。

あれ?、こ、これはなんかテスラに似てる、と思いきや・・・ テスラでした〜!まるでデスクのように使われていますが、なんとこれ、本物のテスラを切断して事務机として使っているとのこと。テスラを斬って、デスクにしてしまう大胆さ。そこで早速大胆に写真を撮る代表の荻島でありました。

せっかくなので、「NO LIMITS」の前で記念撮影。

この看板の意味は「Startupは英雄(ヒーロー)、英雄(ヒーロー)に限界はない」という意味だそうです。
注)auとは関係ありません。


【CALTRAINでサンフランシスコ市内へ

さて、サンフランシスコ市内に戻ります。 またUberを呼んでも良かったのですが、せっかくなのでカルトレインを使ってみます。 最寄り駅は、もちろんSan Mateo。

カルトレイン、デカイです。

さすが米国の列車は踏切も機関車もデカいです。日本の2倍以上ある感じです。 その迫力に、鉄ちゃんでなくても、思わず写真を撮ってしまいます(写真は下り列車です)。

上り列車に乗るために、ONE WAYのチケットを買います。このようにわかりやすいチケットだと経費精算もやりやすいですね。

上り列車が来ました。

・・・なんか・・・そのままバックしてきた感じです・・・。 終点で機関車を前に付け替えたりしないのでしょうか。 列車が動けば良い、見た目のカッコよさに経済的合理性はない、という潔さなんでしょうか。

乗ってみると中はやっぱり2階建て。

San Mateoから二駅でMillbraeに到着、MillbraeでBARTに乗り換えます。 ちなみに乗る時も降りる時も、誰にもチケットをチェックされませんでした・・・ 。
乗り換えのスキマ時間にスマホとにらめっこをするのは、日本もサンフランシスコも同じ。「列車が遅れていて遅刻します」みたいな勤怠管理に使っているのかどうかまでは分かりません・・・。


【引き続いて、Startupのメッカで打合せ】

サンフランシスコ市内に戻り、Startupのメッカ(死語?)であるRocketspaceで打合せです。

RocketspaceはかつてUberも入居していた、「老舗」のインキュベーションスペース。

こちらで有意義なMeetingを行ったあと、いよいよチームスピリットのサンフランシスコ拠点であるweworkに移動します。weworkは市内に何ヶ所かオフィスを開いていますが、チームスピリットが拠点とするのは、Salesforce本社に近い2nd Streetのwework。すぐ隣では、Salesforce Towerが大工事中です。

weworkの入り口です。

「DEEP FOCUS」の赤い文字が目に飛び込んできます。カメラマニアの方ならご存知「パンフォーカス」はDeep Focusの和製英語らしいですが、要は目の前のことにだけフォーカスするのではなく、全体を俯瞰することも忘れずに、ということでしょうか。

Rocketspaceと比べて、少しカジュアル度が高い雰囲気です。

weworkで早速仕事開始!一緒に写真に収まってくれたのは、チームスピリットをサンフランシスコからサポートしてくれているSerendの大木さんです。東京からの無茶振りを笑顔で受け止めてくれるスバリストです(スバルのOutbackに乗ってます)。

しかし、仕事を始めようとすると、こんなものが目に入ります。wework beerです。

・・・誘惑に負けずに、しっかりと3本の打合せをこなしました。その成果については、かなり近い将来、じわじわとお知らせして参ります。こういう自由な働き方、羨ましいですね。ストレスチェックとは無縁のフリーダムな印象を受けます。

次回は、番外編。サンフランシスコ滞在を楽しむコツについてお届けします。

Support
Page topへ