2016/04/27 10:00:00

【なるほどTeamSpirit:機能紹介動画編】次の駅までにチョット理解しましょ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「山手線の次の駅に着くまでに1つの機能をイメージできます!」をコンセプトに、TeamSpiritの機能の1つ1つを動画でご紹介するコーナーです。少しずつ紹介機能を増やしていきますので、ぜひたまにチェックしてみてください。


目次

■来月のシフトを全アルバイトの勤務表に一括反映
■長時間労働を防止!残業抑制機能
■労務監査に耐えられる!レポートとダッシュボードの使い方
■EB(エレクトロニックバンキング)連携
■PCでもモバイルでも簡単りん議
■勤怠打刻とSNS
■【TeamSpirit Leaders】リソースと経費で見積もり作成
■【はじめての工数管理】TeamSpirit Leadersの紹介動画が初登場!
■TeamSpiritには様々なレポートサンプルが含まれています。
■勤怠や経費の承認申請だけではなく、TeamSpiritは様々なワークフロー(稟議)を作成することができます。
■Salesforceの行動予定をTeamSpiritの工数として取込む
■チームスピリットのHPからTeamSpiritを起動
■サポートページ「TS Circle」の自動ログイン
■駅探連携(定期券区間自動除外機能)
■領収書OCR登録
■WebReportと連携した法定調書出力
■TeamSpirit Leaders
■TeamSpiritメニュー紹介


■来月のシフトを全アルバイトの勤務表に一括反映

TeamSpirit Leadersでは、管理者がシフトを決めて、そのシフトを全アルバイトの勤務表にワンクリックで反映することができます。紙やEXCELやカレンダー共有では出来ない「シフト管理と勤務表への反映」の様子を御覧ください。


■長時間労働を防ぐ!残業抑制機能

日本の労働体制の問題点としてよくあげられる長時間労働を防止する残業抑制機能についてご紹介します。


■労務監査に耐えられる!レポートとダッシュボードの使い方

36(サブロク)協定では、一定期間内の法定時間外・法定休日労働について、限度時間が決められています。しかし、社員が多くなればなるほど、労働時間のチェックは大変・・・
レポートとダッシュボードを使って、限度時間に近づいている社員を簡単にリストアップしてみましょう。


■EB(エレクトロニックバンキング)連携

TeamSpiritなら、経費申請された従業員の立替経費を全銀形式のデータとして出力でき、EB(エレクトロニックバンキング:法人顧客向けのインターネットバンキング。銀行口座の残高照会や振り込みなどを行うことができます)サービスにより、手間なく振り込み処理をすることができます。


■PCでもモバイルでも簡単りん議

TeamSpiritでは、多様なりん議を作成したり、スマホで申請されたりん議を承認するのも簡単です。承認者の不在でビジネスのスピードを阻害されることはなくなります。


■勤怠打刻とSNS

TeamSpiritでは、出退社の打刻とともに、SNSにコメントを投稿し、その日の予定や動きを共有することができます。他のメンバーのコメントへのリアクションやデータ共有、アンケートを取ったりするのも簡単。メンバーがいる場所に関係なく、チームのコミュニケーションを活性化します。


■【TeamSpirit Leaders】リソースと経費で見積もり作成

実は、TeamSpirit Leadersでは、リソースと経費を入力して見積もりを簡単に作成することもできます!担当者がまだ決まっていなくても、ひとまず空のリソースを割り当てておき、後から担当者を割り当てられます。
今回は試算するところまででしたが、SalesCloudで見積もりを作成する様子はまた次回ご紹介しますので、お楽しみに!


■【はじめての工数管理】TeamSpirit Leadersの紹介動画が初登場!

SalesCloudの商談からプロジェクトを作成する流れをご覧ください。


■TeamSpiritには様々なレポートサンプルが含まれています。

ご要望の多い残業時間をリアルタイムで可視化するためのレポートの例を動画でご紹介しています。超過時間が多い人を赤く目立たせるような設定も簡単です。


■勤怠や経費の承認申請だけではなく、TeamSpiritは様々なワークフロー(稟議)を作成することができます。

いわゆる諸届けや、購買申請、発注稟議などで活用頂いています。


■Salesforceの行動予定をTeamSpiritの工数として取込む

この機能は使い出すと便利です。


■チームスピリットのHPからTeamSpiritを起動

ログインはTeamSpiritのホームページから行えます。


■サポートページ「TS Circle」の自動ログイン

TeamSpirit導入後、問合せを窓口となるTS Circleのログイン方法です。お知らせやマニュアルも掲載されています。


■駅探連携(定期券区間自動除外機能)

交通費の経費登録時に、駅探を利用して経路と料金を検索し登録することができます。
※定期券区間として「横浜ー新橋」が設定されているので、精算区間が新橋ー秋葉原となっています。


■領収書OCR登録

TeamSpirit1からカメラまたはスキャナで領収書を登録するとOCR機能を利用して自動で文字認識し入力を行うことができます。


WebReportと連携した法定調書出力




■TeamSpirit Leaders

TeamSpirit Leadersでは、プロジェクトを作成し、"計画"を管理することができます。TeamSpiritの経費・工数管理と組み合わせることで、利益の出る原価管理を実現します。


■TeamSpiritメニュー紹介 ※字幕をオンにしてご覧ください。

------------------

ユーザーのみなさま、いかがでしょうか?
次回も、山手線ひと駅分のお時間で理解できる、なるほどTeamSpirit動画をお届けいたします。

Support
Page topへ