2016/09/26 10:49:57

最近注目の「週休3日制」-- TeamSpiritでは設定できるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、ファーストリテイリングが導入を始めた「週休3日制」。この週末には、ヤフーも導入検討中というニュースが話題になりました。

ヤフーは9月26日、週休3日制の導入を検討していることを明らかにした。全従業員5800人を対象に、数年内の実現を目指しているという。導入時の勤務形態や給与などの詳細は今後検討する。  その前段階として10月1日から、会社以外で働ける「どこでもオフィス」を月2日から月5日に拡張。新幹線通勤の交通費も月15万円まで補助するほか、自転車通勤も解禁する。土日に限定していた週2日の休みを、土日以外でも取れるようにすることも検討する。

引用:ITmedia「ヤフー、週休3日制を検討 数年内の導入目指す

2社の制度の違いを簡単に説明すると、ファーストリテイリングの「週休3日制」は、「地域正社員」という転勤のないワークスタイルの社員限定で選択出来る制度でしたが、ヤフーの「週休3日制」は、本社勤務などを含む「全従業員」を対象とした制度として検討中という点。

また、ファーストリテイリングの「週休3日制」は、勤務日の勤務時間を8時間ではなくて10時間に設定し、週の労働時間は40時間を維持する、という「変形労働」です。

ヤフーの制度は検討中ということなので、1日の勤務時間がどうなるか、現時点ではわかりません。具体的な内容はこれからではありますが、昨年話題になった「全従業員」を対象にした在宅勤務に続いて、週休3日制もこれからの勤務体系として浸透していきそうです。

さてこの「週休3日制」、実際に導入する場合、何に気をつけたら良いでしょうか?

まずは社会保険について考えてみます。
正規で働く社員(いわゆる正社員)に関して言えば、1日8時間労働の場合、「週休3日制」を適用しても、"労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること"という健康保険や厚生年金の加入条件に影響ありません。

雇用保険について考えると、"1週間の所定労働時間が20時間以上であること"という条件がありますが、1日8時間労働の場合、週休3日(週32時間労働)でも週休4日(週24時間労働)でも大丈夫です。

ですが、おそらく「36協定」の見直しは必要になるでしょう。場合によっては、事業場労働者代表の見直しも必要になる可能性もありますね。

では、この週休3日制のワークスタイルをTeamSpiritで設定するとどうなるでしょうか?

図:TeamSpiritでの週休3日制の設定例

仮に、土日+水曜を休みとする勤務体系を設定してみます。ベースは「フレックスタイム制」の勤務体系とし、休日の設定を変更するだけ。試しに「月の所定労働時間」を自動計算させてみると、図のように自動計算されます。

とても簡単です。

「週休3日制」は、ワークシェアリングの考え方にも関係してくるようですが、いずれにせよ、このような多様なワークスタイル(働き方を選択できること)が当たり前になってくることは、大変喜ばしいと思います。ヤフーは、新幹線通勤自転車通勤なども許可していくとのことですので、ライフスタイルを重視したワークスタイルと申しましょうか、様々な価値観を受け入れて個々人の強み・得意技を引き出して活かす働き方が、これまで以上に重要になってくると捉えているのでしょう。

われわれチームスピリットも、こういった取組みは全力で応援していきたいと思います。今後とも、TeamSpiritを宜しくお願い致します。

Support
Page topへ