2016/10/05 09:00:00

行ったぜDreamforce'16!第一話:過去最大のパートナーが参加するCloud Expoの設営準備が大変なのは誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もやって参りましたDreamforce。17万人以上の事前申込で登録を早々に締め切るなど、開始前から話題には事欠かないビッグなITイベントです。まずは、設営前の様子をレポートしたいと思います。

昨年はSalesforce Wearable Partnerとしてセッションで紹介して頂いたものの、ブースの出展はせず、今年は2年ぶり二回目のブース出展です。会期前のCloud Expoの会場に入ると、まだまだ、どのブースも人影は無く、会場そのものの設営でみなさんお大忙しです。

各社のブースも、設営はこれからです。

皆さん、大変お忙しそうです。
今日は徹夜で設営準備でしょうか・・・?
こういう場面を見てしまうと、ちゃんと休憩はとっているのか、深夜勤務は大丈夫なのだろうか・・・、と気になってしまいます。

日本とは違って、勤務時間ではなく結果で評価する米国だからこそ、会場設営完了という結果が出るまでは頑張るしかないとは思いますが(頑張っていただかないと出展者も困りますし)、ぜひ皆さん、就業環境には気をつけて設営して頂きたいと思いました。

そんな中、TeamSpiritをご利用中のイノベーション様が運営する"IT製品の比較・資料請求サイト『ITトレンド』"において、TeamSpiritが「勤怠管理システム」部門に掲載されました。

就業管理や勤怠管理が気になっている方々は、ぜひ覗いてみてください。

Support
Page topへ