魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2017/07/21 11:52:41

【なるほどTeamSpirit】夏季休暇の設定:代表的な設定パターンはこの3種類

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今は、働き方も多様化し「全社一斉お盆休み」といったケースは減ってきているようですが、とはいえ、休暇を上手く活用してコンディションを整え、思い出づくりや自己研鑽に励んでリフレッシュするのは重要です。

となると、夏季休暇の設定をTeamSpiritに行う必要が出てきます。
その為、この時期、TeamSpiritで初めて日数管理休暇などの設定を行う管理者さんが急増します。

各社いろいろな夏季休暇制度や規定がありますが、TeamSpiritの設定方法は、大別すると3種類に分けられます。それぞれの設定概要をまとめてみました。

(注:ブログ中に登場する「TS Circle」はTS管理者のみがアクセスできるポータルサイトです)


◆◇特別休暇を付与する◆◇

各社員が、特定の期間内の好きな日に規定の日数の夏季休暇を取得するパターンです。
(例:7~9月の期間に、3日間の夏季休暇を取得する)

【管理者の設定方法】
夏季休暇という日数管理休暇を作成し、管理者側で休暇を付与を行います。
付与時に、付与日数・有効期間(開始日・失効日)を指定できます。



詳しい設定方法は、TS CircleのFAQをご参照ください。

《TS CircleFAQのタイトル
勤怠: 会社独自の休暇(例:夏季休暇やリフレッシュ休暇など)を作成するには 
勤怠: 会社独自の休暇の半日取得を可能にするには
勤怠:休暇(有給休暇・代休・特別休暇)を付与するには

【利用者の休暇取得方法】
有効期間内に、勤務表から休暇申請を申請することで夏季休暇を取得できます。
期間内に取得できなかった休暇は失効します。



◆◇全社休日として設定する◆◇

会社全体で夏季休日(お盆休み等)が決まっているパターンです。
(例:8/14~16は会社カレンダーで休日)

【管理者の設定方法】
勤怠カレンダーで会社休日を設定します。種別は「休日」とします。

詳しい設定方法は、TS CircleのFAQをご参照ください。

《TS CircleFAQのタイトル》
勤怠: 全社の休日を作成するには(会社カレンダーの設定)

【利用者の休暇取得方法】
勤怠カレンダーの設定が各社員の勤務表に反映され、対象日が休日として表示されます。


◆◇年次有給休暇の消化日として設定する◆◇

夏季に会社側で年次有給休暇の計画的付与日が決まっているパターンです。
(例:8/14・15は全社員年次有給休暇の取得日)

【管理者の設定方法】
勤怠カレンダーで有休計画付与日を設定します。

設定方法は、会社休日の設定と同様ですが、種別は「有休計画付与日」にします。

利用者の休暇取得方法
勤怠カレンダーの設定が各社員の勤務表に反映され、対象日が休暇取得日として表示されます。
年次有給休暇の残日数は、対象月の月次確定申請を行ったタイミングで減ります。


■TS Circle:FAQの参照方法

FAQの検索機能をご利用ください。
FAQのタイトルをキーワードに、検索を行うと該当のFAQが表示されます。


※補足:《休暇申請などの代理承認の設定方法

TeamSpiritはスマートフォン等のモバイルからでも申請の承認を行うことができますが、承認者が長期休暇等で不在の時は、承認処理が滞ることが懸念されます。

そのような場合でも、TeamSpiritでは、代理承認機能を利用することで、承認者が不在の場合であっても代理承認者が承認を行うことができます。


詳しい設定方法は、TS CircleのFAQをご参照ください。

《TS CircleFAQのタイトル》
承認プロセス: 代理承認機能を利用するには


いかがでしょうか。
夏季休暇の設定も、簡単に行えますので、ぜひこの機会に設定してみてください。

ご不明な点がございましたら、TS Circleよりお問い合わせください。
今後とも、TeamSpiritを宜しくお願い致します。

 

Support
Page topへ