魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2017/10/20 17:27:08

TeamSpiritの隠れキャラ ジャックから見る「クラウドサービスを提供する企業の使命」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック再登場!?

この夏、株式会社チームスピリットでは社員の増加に伴い、ミーティングルームを増設。これと同時にジャックも"再登場"しました!

会社にお越しの際にはぜひ探してみてください。

ところでジャックって「何?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私たちチームスピリットは、勤怠管理工数管理経費精算など仕事に不可欠な事務作業をワンプラットフォームで一体化したTeamSpiritや、プロジェクトの原価管理に適したTeamSpirit Leaders、最近注目のタレントマネジメントに役立つ人事情報管理(HRM)など、働くひとをイキイキとさせるためのクラウドサービスを展開しています。

これらのサービス(以下、TeamSpiritファミリー)は、機能もさることながら「見た目や使い勝手」にも配慮し、ソフトウェアを使い慣れていない方にとっても親しみやすいよう工夫がなされています。


事務作業にも、ちょっとした遊びゴコロは必要

TeamSpiritファミリーは、「日々使うツールだからこそ『デザイン』が大切だ」と考えて開発されています。それというのも、近年、システムやソフトウェアを利用される方がIT部門の方に限らなくなってきたからです。

無機質でシステム用語が満載な画面では「使いたい!」という気持ちがトーンダウンしてしまうもの。どんなに優れたシステムやソフトウェアサービスであっても、使い倒さなければ意味がなく、せっかく導入していただいたとしても価値を体験していただくことができなくなってしまいます。

そうしたことから、IT部門以外の方にも親しみやすい遊びゴコロも必要であると、私たちは考えています。

そんな私たちの、普段は表に出てこない"隠れキャラ"がジャックです。



"隠れキャラ"は、童話『ジャックと豆の木』のジャック

TeamSpirit mobileの初期のバージョンには、ローディングの際にのみ現れる "隠れキャラ"が存在していました。それこそが、「ジャック」です。ご想像の通り、童話『ジャックと豆の木』のジャックをイメージしています。

みなさんもきっと子どものころにお読みになったであろうこのお話。あえてここでおさらいしてみましょう。いくつかのバリエーションがあるようですが、大筋はこんな内容です。


ジャックと豆の木イラスト貧しい村に母親と一緒に住むジャックという青年。家は貧しく、家財道具などを売りながら細々と生活をしていました。しかし、売れるものは尽きてしまい、いよいよ虎の子の牝牛を売らざるを得ない状況に......。

牝牛を連れて市場に向かう最中、ジャックは不思議な豆を持つ男に出会います。その男が持つ豆をすっかり気に入ったジャックは、なんとただの豆ひと粒と牝牛を交換してしまいました。しかし、牝牛を売って当面の生活費を工面したいと考えていた母親は、、、何の変哲もない豆ひと粒と大切な牝牛を交換したという事実を知って大激怒。思い余って豆を畑に捨ててしまいます。

明朝ジャックが窓の外の畑を見ると、たった一晩で、立派な豆の木が育っているではありませんか。豆の木によじ登って雲の上にたどり着いたジャック、そこに広がっていたのは、巨人たちの王国。

しかし、ここに人間がいることが知られては食べられてしまいます。なんとか巨人に捕まらないように身を隠しつつ、巨人が持つ宝物(金の卵を生むニワトリ、金と銀がたっぷり詰まった袋、勝手に音楽を奏でるハープ)を横取りして地上に帰る道筋を立てます。しかし、最後のハープを持ち帰るところに来て、ついにジャックは巨人に見つかってしまいますが......! 

命からがら地上に降りたったジャックは、豆の大木を切り倒し、巨人をやっつけてしまいます。そうして、宝物を自分のものにしたジャック。その後はたいそう幸せに暮らしましたとさ。


と、ここでこのお話をちょっとTeamSpiritの成り立ちと重ねて読んでみましょう。

私たちチームスピリットは、セールスフォース・ドットコムからの投資を得て一気にクラウドのSaaS(Software as a Service)、つまり「必要な機能を必要な分だけ提供する」企業として生まれ変わりました。そして、勤怠管理・就業管理・経費精算・工数管理など、すべての企業が必要とする機能を一体化したTeamSpiritを産み出したのです。

今まで、こうした業務システムと言えば高額で融通の利かない「パッケージ販売」が主流でした。しかし、クラウドでは「サブスクリプション」という販売方法を使います。

サブスクリプションとは「定期購読」という意味。人数の増減が頻繁に起こったり、一度に高額の支払いをすることが厳しいベンチャーや中堅企業にとっても、必要な人数分を月額の利用料で使う事ができる、毎日「べんり」を産み出すニワトリのような支払方法です。


"雲の上のサービス"を、もっとたくさんの人にカンタンに活用してもらえるようにーー。

このように、まさに"雲の上"の存在だった業務システムをより導入しやすくすることで、この世の中のすべての企業が、たとえば「働きやすさ」によって、ひとも会社も持続可能な成長サイクルを実現していくようお手伝いすることこそがミッションである、と私たちは考えています。

この私たちのミッションをTeamSpiritらしい親しみやすいデザインとして現したのが隠れキャラのジャックなのです。

###

このようなデザイン思考で作られたTeamSpiritを無料でトライアルしてみませんか?


こんな企業や団体も使っています!

学校法人東京理科大学様
グローバルに羽ばたく東京理科大学
〜 ITリテラシーの有無にかかわらず毎日使えて、リアルタイムに働く状況が見える化できる就業管理ツール

エボニック ジャパン株式会社様
労基法、コンプライアンス、コスト、英語
~すべての課題をクリアして、働く人が"使いやすい" と実感できるシステムを導入する

株式会社インフォバーングループ本社様
新たな人事制度「リア充手当」でメディアの働き方を改革する!
〜リアルタイムに働き方を"見える化"して、現場も満足な残業抑制に取り組む〜

そのほか、老舗企業から新進気鋭のベンチャー企業まで! 
各社の事例はこちら▶

Support
Page topへ