魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

TeamSpirit 魂のブログ

2018/04/24

安倍内閣による賃上げ3%要請で改めて考える「生産性向上」

2018年の春闘において、安倍政権は、経営者側に対して昨年までの2%を上回る3%の賃上げを要請しました。賃金を上げるためには、企業は労働者一人当たりの生産性を高める必要があります。そして、それを実現するためには大きく2つの方策があります。一つは、労働者一人一人の生産性を改善すること。もう一つは、企業の経営モデルを変革して、企業の稼ぐ力を高めることです。チームスピリットがこの2つの方策を駆使してどのように生産性向上を実現しているかをご紹介します。

続きを読む
2018/03/08

TeamSpiritで実現する働き方改革 vol.3 〜生産性向上編〜

働き方改革の最終ゴールが生産性の向上であるという認識は多くの企業で共有されているのではないでしょうか?TeamSpiritは、売上に直接繋がらない間接業務をデジタル化、自動化することによって、余裕時間を生み出しつつ、働き方を見える化することによって、無駄な時間や付加価値を産まない時間を洗い出して削減し、価値を生み出す活動に労働時間をシフトさせるというタイムマネジメントの機能を提供し、生産性の向上に貢献しています。

続きを読む
2017/09/22

いまさら聞けない「ホワイトカラー生産性向上の基本」

工数管理といえば、一般的にシステム開発会社やクリエイティブ制作会社のようなプロジェクトベースで仕事をする企業が、プロジェクトの採算性を把握したり、クライアントへの請求費用を計算をするためにプロジェクトメンバーの作業時間を計測すること。しかし、「働き方改革」とそのゴールである「生産性向上」という視点で「工数管理」を見ると、これまでとは違った役割が見えてきます。

続きを読む
2015/08/31

【なるほどTeamSpirit】そろそろ本気で在宅勤務を制度化しませんか?

「我が社にも"在宅勤務"の制度はありますよ」おそらく大企業のみならず、中堅・中小規模の企業の多くの人事・総務担当者がこのような意識をお持ちでしょう。昨今、"全従業員を対象"にした在宅勤務制度が注目されています。テレワーク、在宅勤務、ノマド、多様な働き方を表現するバズワードは、それこそ多様にありますが、今回注目されている理由はどこにあるのでしょうか?それは「従業員の全員が在宅勤務の対象である」という点です。

続きを読む
Page topへ