魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2014/12/11 17:34:55

【今年も出展】Salesforce World Tour Tokyo 2014「ワークスタイル変革にダイレクトに貢献する新サービスを大公開」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も開催されたSalesforce World Tour Tokyo 2014。もちろん我々チームスピリットも出展して参りました。Cloudforce時代から毎年出展しておりますが、毎年いろんなことが起こります。今年は特にいろいろあったので、ブログにまとめてみました。来年の出展をお考えの方々の検討の一助になれば幸いです。

Salesforce World Tour Tokyoとは

Salesforce World Tour Tokyoは、Salesforceのビジョンに触れ、そのビジョンを体現するサービスやパートナーの情報をまとめて獲得できる、大変大きなITイベントです。今年は、春と今回の2回を開催したにも関わらず、今回過去最多の6,000名以上の人々が来場したようです。Dreamforceの15万人には及びませんが、国内のエンタープライズ向けのイベントとして最大級であることは間違いありません。Dreamforceに行けなかった人は、この基調講演で最新の情報を掴むことができます。注目の最新技術の目玉は、データ分析プラットフォームの「WAVE」と新開発フレームワーク「Lightning」です。Dreamforceの報告ブログにも概要をご紹介しています。
【全米デビュー!】行ったぜサンフランシスコ!来年こそはDreamforceに出展するぞと思っているみんなに送る「Dreamforceの歩き方'2014」

マーク シャープ

SalesforceのCEOマーク・ベニオフ氏も、触れるぐらい近くに見ることができます(注:触わることは出来ません)。
日本オリジナルのセッションも楽しみの一つです。マークCEOと仲良しのトヨタ自動車の豊田章男社長とのセッション、地域創生・ワークスタイル変革をバリバリ推進しておられる総務省の南政策統括官とSansan寺田社長のパネルディスカッション、そして好きな人にはたまらないYOSHIKI氏のシークレットライブ(twitterで事前に言っちゃってましたけど)、本場Dreamforceには及びませんが、最新技術からエンターテイメントまで、盛りだくさんのイベントです。この雰囲気を味わうだけでも、YOSHIKI氏のクリスタルグランドピアノをみるだけでも、行ってみる価値があります。

特に今回のマークCEOと豊田社長の"掛け合い"は一見の価値がありました。どうも、当人同士の事前の打合せの時間はなく、完全にアドリブでの掛け合いだったようです。マークCEOがタジタジになる場面は、そうそう観られるものではありません!

一方、我々、Salesforceのエコシステムの一端を担うパートナーとしては、国内のお客様に我々のバリューを知って頂く最大の機会です。
基調講演後は、ブレイクアウトセッションやパートナーセッション、CloudExpoでの展示会といったそれぞれの目的にあったコンテンツにバラけていきますので、パートナーセッションや展示会ブースでの集客に全力を注ぎます。

チームスピリットもGoldスポンサーとして出展し、ブースで多くの方々にチームスピリットを知って頂き、またパートナーシアターでの講演にも多くの方々がランチ片手に集ってくださいました。
本当にありがとうございます。

今回の出展の目玉はUberやBoxとの連携機能、そして領収書読み取り機能のお披露目です。これらの機能追加によって、従来から実装していたコーポレートカード連携やICカード読み取り、駅探連携(定期券適用区間考慮)と合わせて、経費精算のほとんどを自動化するレベルに達しました。今まで以上に、オフィスワークのオートメーションに役立てて頂けると思います。自信作です。

他にも、開発者向けの展示やインダストリー別のソリューション等、さまざまなバリエーションの展示やセッションが開催されました。特に今年は、会場を拡大しDveloperZoneが分かれました。複数会場での開催は初の試みですが、目的別に会場を用意したことで、わかりやすくなって良かったと思います。
しかし、そこに落とし穴が待ち受けているとは・・・

jack_
Page topへ