2014/09/08 11:38:00

[稟議]「申請No」 に 自動で申請番号を割り当てる機能

knowledge Exchange, インストール方法

こちらのパッケージは、ユーザが稟議を作成した時に自動で稟議の申請番号を割り振る機能が追加できます。

稟議の申請Noを自動で付与されていることで、申請時にユーザが申請番号を入力することなく、稟議の申請Noを統一して管理をすることが可能になります。なお、申請Noを入力しておくことで、申請した稟議と紐付けて経費精算の明細画面に申請Noを表示することが出来るようになります。

【稟議の申請番号を自動で登録する】

【経費精算時に稟議の申請番号を紐付け可能】

インストールURLは、以下をご確認ください。
[稟議] 申請番号採番
https://login.salesforce.com/packaging/installPackage.apexp?p0=04t100000002eK3

パッケージインストールは、対象の組織のシステム管理者のみが実施できます。

デフォルトでは、5桁の数字が順番に登録がされるようになっていますが、自動採番の表示形式を変更をされる場合は、設定>ビルド:作成>オブジェクト>稟議>申請No自動採番 横の「編集」をクリックして、「自動採番の表示形式」 に 表示形式(例: A-{0000} )を入力してください。表示形式につきましては、以下 Salesforce 社の 「表示形式とは?」を確認ください。

https://ap.salesforce.com/setup/ui/whatisdisplayformat.jsp

経費精算に稟議を紐付けられるようにするには、管理メニュー>【経 費】経費精算の設定をする より、経費に稟議を関連付ける に チェックをいれて【保存】してください。

インストール作業中、通常通りチームスピリットをご利用いただいても問題無いことを確認しておりますが、この間にアクセスされますと、 エラーが表示され一時的にアクセスできない状態になる場合がございます。 エラーが表示された場合は、インストールが完了するまで、3 分程お待ちください。インストールが完了いたしましたら、画面に 「インストールが完了しました。」 と表示がされます。

インストール方法は、こちら をクリックしてください。

*********************************************
ideas
*********************************************

ideas は TeamSpirit をより有効に活用するためのコミュニティサイトです。TeamSpiritで今日から使えるレポートやダッシュボードなどの、各種テンプレートを公開しています。ideas に掲載されたレポート等は TeamSpirit のご契約者様であれば TeamSpirit 導入環境に自由にインストールして自社用に改訂してご利用いただく事ができます。

《ナレッジの共有》
ideas に掲載されたテンプレートを、"このように変更すると便利"という提案や、"この様に改造して活用している"という活用例をコメントでお寄せください。皆様の支持の多いご提案はテンプレートを逐次改良して公開いたします。

《利用上の注意》
本テンプレートのインストール及び使用には、すでにお客様との間で締結されている「チームスピリット・サブスクリプション規約」が適用されます。その内容はこちらで確認していただくことができます。「インストール」を押した場合には、当該規約が適用されることについて同意いただいたものとみなされますので、ご承諾の上ご利用ください。

Support
お問い合わせ
Page topへ