誰かに相談したら、「おう、いいね」って
他の人も巻き込んで動いてくれる人ばかりで、
本当に有り難いことだなと思っています。

営業チーム:シニアセールスエグゼクティブ 樋口 麻由

Profile

樋口 麻由

樋口 麻由

新卒で大手航空会社に入社し、カスタマーサポート業務に従事。その後IT企業でのカスタマーサポートを中心に、一貫してサポート業務に携わる。2013年4月チームスピリットに入社し、サポートチームの立ち上げを行う。現在はセールスチームにて、インサイドセールス業務を担当。

木村 知美

木村 知美

新卒で大手食品会社に入社し、主に店舗運営を行う。顧客・従業員満足を向上させ、利益を最大化する取り組みを行う中で、人の力で経営計画を達成させる人事職に興味を持ち、キャリアチェンジを決意。2015年12月、採用教育担当として、チームスピリットに入社。

チームスピリット
入社のきっかけ

自分が中心になって、成長過程や初期の段階だからこそできる文化づくりをしたいという想いが強くありました

木村樋口さんは現在はインサイドセールスをされていますが、これまで新卒で就職した航空会社から、チームスピリットでも数か月前まで、一貫してカスタマーサポートの仕事をされていたのですよね。
ファーストキャリアにサポートの仕事を選んだのはどうしてですか?

樋口サポートに思い入れがあったというより、空港で働きたかったんです。

木村そっちでしたか!

樋口そう(笑)
近代的な建築物を見るのが大好きで、特に開放感のある空港ってワクワクするんです。
空港に関われる仕事って意外と多くないので、「この仕事にしよう」って即決しました。
でも実際にやってみると、問題解決すること自体が好きなので、常にお客様の問題解決をしていく仕事は合っているなと感じました。
あとは、人と関わることやサポートすることは好きなのですが、外に出るのはあんまり好きじゃない、こんなジレンマを解消してくれるのもサポートのいいところかなと思っています(笑)

木村意外な理由がどんどん出てきますね(笑)
チームスピリットに入社しようと思ったのはどうしてですか?

樋口1番の理由は、サポートの立ち上げをやりたかったことです。
以前の会社でも途中からの参加ではあったものの、サポートの立ち上げを経験をしていて、今度は自分が中心になって、成長過程や初期の段階だからこそできる文化づくりをしたいという想いが強くありました。
それに、立ち上げって力も時間も使うし、自分の将来を考えたときに、そこに全力投球できるチャンスは今しかないんじゃないかと思って入社を決めました。

木村実際にサポートの立ち上げを経験してみてどうでしたか?
0から作り上げていくことは楽しくもあり、大変なことも多かったのではないですか?

樋口今振り返っても、「初期だからそうだよね」という感じで、大変って思うことはほとんどなかったです。
当時はサポートプランも無く、ルールもドキュメントも何も無い状態だったので、時間の許す限り調査して回答して、あらゆることを作り上げていくというのは、それはそれで今とは違った楽しさがあったなという感想の方が大きいです。

チームスピリットでの
やりがい

チームスピリットの好きなところは…社長の荻島が閃いちゃうところ!

木村樋口さんは育休から復帰されてから、ソリューションセールスチームに異動してインサイドセールスの仕事をされていますが、そこにはどんな経緯があったのですか?

樋口育休から復帰する前の面談で、インサイドセールスを探していることを聞いて、新しいチャレンジをしてみたいと思って手を挙げました。
ただ、子供が小さく保育園から突然呼び出されることもあるので、お客様にとって「チーム」が窓口のサポートの仕事と違って、「自分」が窓口になるセールスの仕事を本当に出来るのかという不安はありました。
結局は「やってみなきゃわからないよな」と思って、思い切って始めました。

木村実際に始めてみてどうですか?

樋口会社として、原則週1日の在宅勤務を許可するという制度がありましたが、育休復帰をきっかけに在宅勤務をメインにして勤務することを許可してもらったり、お客様との商談にもウェブ会議を利用したりと、育児も仕事も中途半端にならない形で両立できているところを嬉しく思います。

木村環境や働き方の変化に柔軟に対応していけるのはチームスピリットの良いところですよね。
では、会社の好きなところはどんなところですか?

樋口それはやっぱり…社長の荻島が閃いちゃうところ!(笑)
会社もワンフロアなので社員だけじゃなく、役員との距離も近いので、すぐに話し掛けることができるし、それで「今忙しいから」と言われることもないので、すごく仕事がしやすいなと思います。
あとは、何かやりたいと言ったときに動いてくれる仲間がいることです。
誰かに相談したら、「おう、いいね」って他の人も巻き込んで動いてくれる人ばかりで、これって当たり前のことではないので、本当に有り難いことだなと思っています。
たまたま今日も「こういうのどうかな?」と、アイディアをマーケチームのメンバーに相談したところ、すぐに開発チームに相談してくれて、さっそく今週ミーティングをすることが決まりました。

今後に
向けて

前向きで、達成することとお客様に価値提供することを大切にできる人と一緒に働きたいです

木村樋口さんが今後セールスチームの中で取り組んでいきたいことはどんなことですか?

樋口取り組みを始めた段階ではあるのですが、セールス目線でのドキュメントの整備を進めていきたいです。
やはり既存のお客様が求めているFAQやマニュアルの内容と、これから導入を検討したりトライアル中のお客様が求めていることは違うので、この部分は急ぎで進めていきたいと思っています。

木村それでは最後に、今後樋口さんがセールスチームで一緒に働きたいと思う人はどんな人ですか?

樋口前向きで、達成することとお客様に価値提供することを大切にできる人と一緒に働きたいです。
営業なのでもちろん数字は持っているけれど、使ってもらうのであれば、きちんと納得してもらって、「使って良かった」「楽になった」と思ってもらわなければ意味がないと思っています。
そういうことに共感をしてくれる方なら、多少考えが違ったとしても、同じ方向を向いて仕事をしていけるかなと思っています。

インタビュー

チームスピリットで働くことの「やりがい」や「楽しさ」はどんなところにあるのでしょうか?
いま働いているスタッフの声は、きっと手がかりになると思います。