2017/04/27 11:30:00

[勤怠] フレックス過不足時間・月中確認用レポート

knowledge exchange

月の途中でフレックスタイム制の過不足時間を確認するためのレポートです。
レポート初期設定説明動画はこちら

フレックスタイム制は、月の所定労働時間を超過した労働時間が残業時間(超過時間)になるため月の後半や下旬になってはじめて残業時間(超過時間)がカウントされます。

本レポートを利用することで月の途中で過不足時間の把握ができ、閾値を超過した場合は事前に注意を促したり月末までの勤務時間や業務量を調整することで、長時間労働を防止できます。

 

  • 前日までの所定労働時間(本日の出社/退社時刻が登録済の場合は本日までの所定労働時間)に対する「過不足時間」が集計されます。

  • 過不足時間が、30時間以上~40時間未満は「黄色」、40時間以上は「赤」でマーキングされます。閾値やマーカーの色は変更が可能です。

  • 本レポートの過不足時間は、勤務表下部(※)の「過不足時間(mm/ddまで)」と同じ値です。

 
※勤務表の下部の集計値エリアを非表示にしている場合は表示されません。


期間条件の変更方法

■勤怠の締め日が月末の場合
 初期設定のままの条件でご利用ください。
 

■勤怠の締め日が月末以外の場合
 期間条件の開始・終了日を変更してからご利用ください。
 
 ※15日締めの設定例


条件付き強調表示の変更方法

初期値では過不足時間が、30時間以上~40時間未満は「黄色」、40時間以上は「赤」でマーキングされる設定ですが、任意の設定に変更ができます。

1.レポートを開き、【カスタマイズ】をクリックします。
 

2.表示▼>条件付き強調表示 をクリックします。
 

3.基準時間・背景色を変更し【OK】をクリックします。
 

4.レポート編集画面左上の【保存】をクリックします。
 


インストールURLは、以下をご確認ください。

[勤怠] フレックス過不足時間・月中確認用レポート
https://login.salesforce.com/packaging/installPackage.apexp?p0=04t28000000XWbs

パッケージインストールは、対象の組織のシステム管理者のみが実施できます。

インストール作業中、通常通りチームスピリットをご利用いただいても問題無いことを確認しておりますが、この間にアクセスされますと、 エラーが表示され一時的にアクセスできない状態になる場合がございます。 エラーが表示された場合は、インストールが完了するまで、3 分程お待ちください。インストールが完了いたしましたら、画面に 「インストールが完了しました。」 と表示がされます。

インストール方法、インストールしたレポートへのアクセス方法は、こちら からご確認ください。

*********************************************
 ideas
*********************************************

ideas では TeamSpirit をより有効に活用するためのレポートやワークフロー等のテンプレートを公開しています。ideas に掲載されているテンプレートは、TeamSpirit のご契約者様であれば TeamSpirit 導入環境に自由にインストールしてご利用いただく事ができます。
テンプレートを自社用にカスタマイズして活用したい等のご要望については、有償サポートサービスにて承っております。カスタマイズ等に関するご要望がございましたら、TS Circle よりお気軽にお問合せください。

《ナレッジの共有》
ideas に掲載されているテンプレートを"このように変更すると便利"という提案や"こういうテンプレートが欲しい"という要望をTS Circle よりお寄せください。ご提案やご要望の多いものは逐次テンプレートとして公開いたします。

《利用上の注意》
本テンプレートのインストール及び使用には、TeamSpiritご契約時に締結いただいた「チームスピリット・サブスクリプション規約」が適用されます。「インストール」を押した時点で当該規約が適用されることについて同意いただいたものとみなされますので、ご承諾の上ご利用ください。

Support
お問い合わせ
Page topへ