勤怠管理クラウドシステム|チームスピリット

勤怠管理・就業管理

労働時間の正しい把握が働き方改革の第一歩!
TeamSpirit 勤怠管理・就業管理の7つの機能

働く人の意欲を高めチーム力を上げるために、最初に取り組みたいのが正しい労働時間の把握です。たかが勤怠管理と侮ることはできません、労働時間を適切に把握することで、仕事のプロセスを改善する余地を見つけだし、社員の採用や配置の最適化を実現し、何より長時間労働でモチベーションが下がることを防止するなど、チームの力を向上させ仕事の成果を生み出すことができるのです。

しかし時代の要請により、36協定の順守や勤務間インターバルの確保など安全管理が厳しくチェックされ、時短勤務や在宅勤務を含むテレワークなど、時間や場所を選ばない多様な働き方が求められるようになったことで、労働時間の計算はとても複雑になりました。さらにこれからも労働者保護や働き方改革の観点からの労基法改正も予定されており、勤怠管理・就業管理のシステム化はもはや避けて通ることはできません。

クラウドで利用できるTeamSpiritは、最新の法令に対応し、多様な働き方にも対応した勤怠管理システムです。インターネットが繋がるところであれば、PCやモバイルでどこかれでも利用でき、社員に負荷をかけることなくリアルタイムでの労働時間管理を実現しします。さらにダッシュボードやレポートによる"マネジメント"機能をプラスして社員はもちろん、労務担当者や職場のリーダーによる会社やチームの生産性向上に貢献します。

1.どんなワークスタイルでも"使える"出退勤打刻システム

●出退勤打刻と一緒にスケジュールや情報も共有
オフィスワークだけでなく、直行直帰や在宅勤務(テレワーク)など、どんなワークスタイルの人でも手間を感じることなく簡単に出退勤打刻が完了! もう「打刻忘れ」の心配もありません。スマホやPCで打刻と同時にその日の予定や簡単なコメントを入力して、マネージャにメッセージを送ることも可能です。

●育児や介護のための一時退勤や再出勤にも対応
「ちょっと子供のお迎えに1時間外出を」「夕食を済ませた後に仕事を再開」といった働き方に対応することは人材確保の上で今後ますます重要に。TeamSpiritなら、1日のうち何度出退勤打刻しても正確に労働時間を計算します。

●オプションサービスも充実
ICカードリーダーやBeacon、事務所の入退館システムとの連携も、TeamSpirit Connect*を使ったオプション製品の利用で実現できます。
*対応製品の詳細はお問い合わせください

パソコンから

モバイルから

ビーコンから

2.直感的にスタッフそれぞれの勤務状況が"見える&分かる"

出退勤打刻や残業時間の情報は、リアルタイムに勤務表に反映され、グラフィカルなデザインにより、本人はもちろんマネージャは部下の労働状況を直感的に把握できます。
また、打刻訂正時には下図の黄色の部分のように時刻欄の色を変えたり、打刻を訂正した時にはコメントを必須化することも可能です。

3. 勤務実績の申請・承認はワークフローで自動回覧

TeamSpiritは、日次や月次の勤怠確定についても、ワークフローでマネージャへの自動回覧が可能です。クラウドシステムなので、PCはもちろん、スマホからでも閲覧・承認ができるので、外出中や出張中でも、スピーディーに承認処理ができます。
また、申請時には、打刻の有無、休暇や残業申請の有無などもシステムチェックされるので、差し戻しなどの作業も不要に。ワークフローがどこかでストップすることを防ぎます。

オプションを有効にすることで、月次申請時の勤怠と工数時間の入力チェックができ、入力忘れの防止にも役立ちます。

4. 休暇の申請や残日数の管理、有給休暇の自動付与

有休や会社で設定した休暇の残日数管理はもちろん、労働基準法にあわせた有休の定期的な自動付与にも対応しています。スタッフからの有休申請だけでなく、マネージャーが残日数を確認することで、有休の取得を促進できます。

また、半休、時間単位有休、代休、振休など、休暇の取得と労働時間計算が完全に連動するので確認の手間もかかりません。

5.複雑な勤務体系がいくつあってもリアルタイムに労働時間を計算

●柔軟なワークスタイルでも管理業務の負荷は軽減!
チーム全体の仕事内容や個人の希望で、部署ごとや働く人ごとに働き方はもっと多様になっていいはず!
TeamSpirit では、固定労働時間制、変形労働時間制、フレックスタイム制、裁量労働制、管理監督など、同時に複数の労働時間制に対応することが可能です。

●シフト管理機能でマネージャの負荷を軽減
TeamSpiritシリーズの別製品、TeamSpirit Leaders と連携することで、シフトスケジュールの作成やそれに基づいた日次・月次のシフト計画の作成もシステムで管理できます。

シフト設定が完了すると、その内容がそのままスタッフの勤務表に反映されるので、パートやアルバイトスタッフが多い職場や、シフト勤務を行う人が多い職場のマネージャーの手間を省き、コーチングなど本来求められる業務に専念する時間を生み出します。

●労働時間の計算、給与計算も簡単に
どんな勤務体系でも、設定だけで労働時間を自動計算できるため、人事担当者が月末に休暇や振替、残業時間といったものをExcelで集計する必要はありません。TeamSpiritで集計されたデータは、簡単に給与計算ソフトと連携できるため給与計算ミスの心配もありません。

6.36協定・安全管理を知らせるアラームやレポート機能を装備

36協定や安全管理に基づいたアラームやレポートが作成できます。
また「全社」「部門」「個人」の単位で勤務状況を分析したダッシュボードが手軽に作れ、課題やその対策をSNSで報告しフィードバックを受けるなど、単純なタイムカードや残業計算にとどまらない本質的なマネジメントが実現できます。

7.勤務間インターバルの見える化で社員の健康管理もバッチリ

勤務間インターバル・レポートを使って、企業は社員の勤務間インターバルを容易に把握、社員への適切な指導・改善を通じて、社員の健康的な働き方を支援します。

法制化に先駆けて勤務間インターバル制度を導入することによって、「働き方改革」先進企業として企業ブランドの向上や社員のエンゲージメント改善が可能になります。

《システム仕様監修》
佐藤芳子社労士事務所 
社会保険労務士 佐藤 芳子

関連記事

「勤怠管理」の基礎知識 ~勤怠管理の本質を知る~

勤怠管理はなぜ必要か?

会社には出社・退社時間、休憩時間、休暇・休日の日数など、働く時間に関する決まりごとがあります。従業員がこれらの時間を適切に守っているかどうかを管理するのが、いわゆる「勤怠管理」です。
当たり前のように行われている勤怠管理ですが、企業は一体何のために従業員の労働時間や休日・休暇を管理するのでしょうか。

詳細を見る

勤怠管理・就業管理だけが課題ですか?

■主な機能【勤怠管理】

勤怠打刻
WEBタイムレコーダー
モバイルアプリ
ICカードインターフェース
Chatterコメント打刻
勤務表
打刻訂正
リアルタイム残業計算
残業申請に連動した残業計算
シフト管理対応
月次サマリー
所定労働時間、実労働時間、種類別残業時間等のレポート
遅刻、早退等のカウント
勤務確定
ワークフローによる勤務確定(日次、月次)
各種申請との連動
メール通知
各種アラーム
残業時間超過
承認却下
打刻時SNS投稿
各種レポート
ダッシュボード
休暇取得情報表示
各種権限設定

■主な機能【就業管理】

勤務表
36協定抵触等のアラーム
設定残業時間超過等のアラーム
月次サマリー
所定労働時間、実労働時間、
   種類別残業時間等のレポート
遅刻、早退等のカウント
休暇情報
休暇情報のレポート
各種申請
各種休暇
代休、振替
休日出勤、残業、早朝勤務
遅刻、早退
勤務時間変更(シフト、時短等)
勤務確定
ワークフローによる勤務時間申請
メール通知
設定情報
社員情報
労働時間制
勤務カレンダー(休日)
勤務時間
休暇設定(年次有給休暇、
   会社設定休暇、積立休暇)
年次有給休暇自動付与
起算日
各種レポート
ダッシュボード
各種権限設定
Page topへ