ニュース|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2019/02/19 12:00:00

三菱地所株式会社が「TeamSpirit HR」および 「TeamSpiritマイナンバーエンジン」の稼働を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

〜今後グループ会社 約40社、1万人以上へ展開〜

働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を開発・提供する株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下、チームスピリット)は、三菱地所株式会社(代表執行役 執行役社長:吉田淳一、本社:東京都千代田区、以下、三菱地所)が「TeamSpirit」の上位バージョンである「TeamSpirit HR」および「TeamSpiritマイナンバーエンジン」を採用し、株式会社野村総合研究所(代表取締役社長:此本臣吾、本社:東京都千代田区、以下、野村総合研究所)によるサポートにより稼働を開始した事をお知らせいたします。

三菱地所では「TeamSpirit HR」および「TeamSpiritマイナンバーエンジン」を活用することにより、従業員は勤怠管理や諸届けといった人事関連の各種申請をひとつのシステムで完結することができます。また人事部門、経営層、各部門のマネージャは残業時間や有給休暇取得状況などをリアルタイムに把握することができるため、無理なく働き方改革を実現し、従業員の満足の改善に繋げています。

なお、三菱地所では今後グループ会社約40社へ「TeamSpirit HR」および「TeamSpiritマイナンバーエンジン」の展開を行い、最終的には1万人以上の従業員が利用することを計画しています。

導入パートナーである野村総合研究所のリリースは

こちら(https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2019/cc/0219_1)を参照ください。

【TeamSpiritとは】
「TeamSpirit」は勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、従業員が毎日使う7つの社内業務システムを一元化したクラウドサービスです。7つのシステムが連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、従業員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。

モバイルにも対応し場所を問わずどこでもシステムを利用することができるので、近年増加しているリモートワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するB2B SaaS企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。

・チームスピリット、TeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です

Page topへ