2017/01/13 10:00:00

【2017年2月8日開催】

勤怠管理をプレゼンスや打刻場所とつなげて「働き方改革」にもつなげよう:Apps and Partners様とPhoneAppli様が登壇「TeamSpirit Connect」パートナー共催セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年は「働き方改革元年」と呼ばれるほど、新しい働き方に注目が集まる一方、痛ましい事件も発生し、いろいろな面で「働き方改革」が大きな注目を集めた一年でしたが、安倍首相がいよいよ、2017年は「働き方改革 断行の年にする」と明言しました。「働き方改革」推進派にとっては、大きな動きのある年になりそうです。

安倍晋三首相は5日、経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体が都内で開いた新年祝賀パーティーであいさつし「(2017年は)働き方改革、断行の年にする」と語った。同一労働同一賃金や、仕事と子育て、介護を無理なく両立できるよう「先頭に立って、働き方の根っこにある文化を変えてほしい」とパーティーに参加した経営者らに呼びかけた。

(日本経済新聞より 安倍首相「働き方改革、断行の年に」 
経済3団体の祝賀会で 2017/1/5 14:49掲載)

「働き方改革」を実現していくには、まずは根本的な勤怠管理の考え方自体を、"労基法対策のため"から"経営戦略実行のため"の勤怠管理へと変えることが重要です。ご存知の通り、なんといっても「働き方改革」の真の目的は、働く人それぞれが子育てや介護と両立できる多様な働き方を実現することで、生産性を向上させることにあるのですから。

ただ、IoTやクラウドといった新たなテクノロジーの普及により、「在宅勤務」「テレワーク」「複数のオフィスでの就業」といった新たな働き方の導入が多くの企業で進む一方で、「実際の就業状況がきちんと正確に把握できるのか」「打刻用システムの設置に手間と時間がかかるのでは」「勤怠打刻の改ざんが心配・・・」といった勤怠管理・就業管理に関するためらいの声も聞こえてきますね。これは、新しい働き方の登場に勤怠管理の考え方がまだまだ追いついていないことの表れではないでしょうか。

そこで今回は、勤怠管理、就業管理、経費精算、工数管理、電子稟議、SNS、カレンダーの7つの機能を融合し、従業員の働き方をデータ連携によって総合的に可視化し管理できるクラウドサービス「TeamSpirit」を活用して、同じオフィスにいない新たな働き方でも実際の就業状況をきちんと把握し、その就業データをもとに36協定の遵守や確認、長時間労働の是正や生産性向上に生かす取り組みを実現する方法について、実際のユーザ様の事例を交えてお話しします

さらに、勤怠管理にプレゼンス(在籍情報)や打刻場所、IoTデバイス(メガネ)との連携を加えることで、「在宅勤務」や「直行直帰」をさらに便利に効果的にする連携サービスをご紹介。「TeamSpirit Connect」サービスを提供されているアップス・アンド・パートナーズ様、Phone Appli様にもご登壇いただき、それぞれのサービスを利用するとどのように新たな働き方をサポートし、「働き方改革」を実現できるのかを実演いただきます。

アップス・アンド・パートナーズ様、Phone Appli様はどちらも2016年12月に発表しました「TeamSpirit Connect」というTeamSpiritをプラットフォームとするオープンな開発環境を開発パートナーに提供するパートナー制度にご賛同くださり、今回ご紹介する連携ソリューションの提供を開始されました。これらのサービスは、Salesforce World Tour Tokyo 2016でも発表しておりますが、より具体的に活用事例やデモをお伝えするセミナーは今回が初めてです!

「在宅勤務」「テレワーク」など、多様な働き方に対応するためのさまざまな勤怠管理サービスの機能や活用事例を一気に学べるお得なセミナーです。お申込みは今スグ。

参加費用:入場無料 

開催日時:2017年2月8日(水)16:00

プログラム:

■15:45
受付開始

■16:00
「働き方改革」を進めていくための6つのステップと実現ノウハウ、事例もご紹介
株式会社チームスピリット エバンジェリスト
飛鋪 武史(ひしき たけし)

「勤怠や工数のデータをきちんと集約して活用すれば長時間労働の抑止や生産性向上につながるとわかってはいるけれど、なかなか手をつけられない」「多様な働き方に対応できる仕組み作りの方法がわからない」なんてことはありませんか。多様な働き方に対応し、個々人が働き方を選べる環境作りを行っていくことが「働き方改革」の真の目的です。その取組みに、先進的に取り組んでいる企業が使っているTeamSpirit。その活用ノウハウと事例をお話します。

16:40
ICカードを端末にかざして打刻データを自動連携
〜APPS PASS〜
株式会社アップス・アンド・パートナーズ
代表取締役 花戸 俊介(はなと しゅんすけ)

株式会社アップス・アンド・パートナーズ様は、クラウドサービス事業化支援に特化したビジネスコンサルティング企業で、2014年の設立後、salesforce.com, Inc. 投資先企業を中心に10社以上にコンサルティングを実施。日本国内のみならず、シンガポール、中国、台湾などアジア地域への支援先のクラウドサービス展開も支援しています。2016年12月、TeamSpiritと連携してTeamSpirit専用のICカードタイムレコーダー『APPS PASS』という製品を発表。『APPS PASS』は、ユーザーがICカード等を端末にかざすことで、出退社打刻や休憩・外出時の打刻を行い、打刻データをTeamSpiritに自動連携するサービスです。電子マネーカードや社員証等、すでにお持ちの各種ICカードを活用して、簡単かつ正確に勤怠打刻を行うことができるようになります。  

■17:00
離れた場所の社員の動きを見える化できる
〜Phone Appli〜
株式会社PhoneAppli アライアンス事業部
執行役員 吉田 順一(よしだ じゅんいち)

株式会社Phone Appli様は3年連続国内シェアNo.1のWeb電話帳PhoneAppli Collaboration Directory (PACD)の開発/販売を主軸に、IP電話やビジネスチャット、Web会議などコミュニケーションツールと連動した製品を多数開発され、シスコシステムズ社やマイクロソフト社をはじめとした各種ユニファイドコミュニケーションツールとの連携を行うなど、多くの企業様へ、汎用的なコミュニケーション環境を提供されています。
2016年12月より、Phone Appliのクラウドベースの連絡先管理「PhoneAppli」が持つ社員・組織情報にチームスピリットが提供する勤怠管理/工数管理/経費精算 をクラウドで一体化した「TeamSpirit」の出退勤情報を連携し、社員の在籍状況を表示させる新サービス「PhoneAppli TeamSipit Connect」を提供開始。さらに、IoTメガネ「J!NS MEME」との連携も発表し、社員の集中力を測ることができる画期的な機能も備えています。モバイルワークや在宅勤務など離れた場所で仕事を行う場合でも社員の状態を一覧で視覚的に確認をすることができ、コミュニケーションの無駄を省いて企業の働き方改革を促進するサービスです。  

■17:20
質疑応答

■17:30
セミナー終了 

開催場所:

株式会社チームスピリット本社セミナールーム

■住所
〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階
■アクセス
● 東京メトロ銀座線京橋駅「4番」出口目の前
● JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
● 東京メトロ・有楽町線銀座一丁目駅より徒歩4分
● 都営地下鉄・浅草線宝町駅より徒歩3分

お申込みは終了しました

Support
Page topへ