2017/06/01 17:48:47

【2017年6月26日開催】

ABCから始めよう!業務計測と労務管理を連動させて生産性を向上する:LTS様共催セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ホワイトカラーの生産性が低いと聞くが、何をもって低いとしているのだろうか?

■ABC分析でしょ?知ってますよ、うちも工場でやったことあ

■工場の生産現場ならわかるけど、事務職の業務計測というのはやり過ぎではないか?

経営管理や人事・総務、経営企画に関わるビジネスパーソンなら、ABC(Activity Based Costing)やABM(Activity Based Management)といった単語を耳にしたことはあると思います。

でも、ABCやABMが「働き方改革」の推進に有効であるという認識は、意外と少ないのではないでしょうか?

今回は、TeamSpiritのユーザでもあり、TeamSpiritを活用した業務改革コンサルティングも提供している株式会社エル・ティー・エス様と共催で、業務計測と労務管理を連動させて生産性を向上させる秘訣を伝授するセミナーです。

TeamSpiritを世の中にリリースした当初は、いわゆるプロジェクト原価管理の機能として使われていた「工数管理」機能ですが、国策と言っても過言ではない昨今の「働き方改革」の大きなうねりの中で、労務管理と完全連動した業務計測の仕組みとしても注目されています。

TeamSpiritの特徴は、勤怠管理・経費精算・工数管理が三位一体となったワンストップのクラウドサービスである点ですが、実は、自由にカスタマイズができるレポート機能やダッシュボード機能も統合されているということは、あまり知られていませんでした。しかし、業務計測に取り組むと、このフレキシブルで視認性の高いレポート・ダッシュボードがフルスロットルで活躍します。

こういったTeamSpiritの特徴を、自社利用の中で実感し、コンサルティングサービスに活用して頂いているエル・ティー・エス様を基調講演にお迎えして開催する初めてのセミナーです。両社のサービスを連携させることで、リアルタイムに業務計測を行い、「働き方改革」を推進する方法について、事例を交えて解説します。

生産性向上に向けた取り組みのイメージが掴めない方、働き方改革の注力ポイントが見えていない方に、ぜひ聴いて頂きたい内容です。お申込みは今スグ!

参加費用:入場無料

開催日時:2017年6月26日(月)16:00

プログラム:

■15:45
受付開始

16:00
業務時間計測からはじめる働き方改革

株式会社エル・ティー・エス 執行役員
山本 政樹(やまもと まさき)様

今、企業は残業削減や柔軟な就労環境の実現など働き方改革を迫られています。しかし、多くの企業の取り組みで残業規制や局所的なテクノロジー活用にとどまり、思うように効果をあげられていません。

働き方改革の成否は、限られた時間の中でいかに効率的に成果をあげるかにかかっています。そのためには、社員がそれぞれの業務にどのように時間を使って働いているのか可視化することが欠かせません。今回のセミナーでは、社員の業務時間を計測するための手法や、計測ツールの選び方、導入ステップなどを分かりやすく説明します

16:50
勤怠と経費だけじゃない!生産性向上の根幹、
工数管理を活用する働き方改革事例と活用ノウハウ

株式会社チームスピリット エバンジェリスト
飛鋪 武史(ひしき たけし)

面倒な事務作業の筆頭にあげられることの多い勤怠管理や経費精算。これらの事務作業を減らすことができれば、残業時間も減り、もっとお客様のために使える時間を増やすことができます。しかしながら、自由に使える時間を増やすことはゴールではありません。自由に使える時間を、いかにして新しい価値の創造に使うのか、さらに、プライベートの時間を確保するのか、まさに自分の一日をいかに"デザイン"するのか、ここが重要なポイントです。画一的な働き方だけではなく、在宅勤務や週休3日など、個々人がライフスタイルに合った多様な働き方を選べる環境作りと、さらに、自分がデザインできる時間を使って最大の成果を引き出すための工数管理のノウハウ。働き方改革の真の目的は生産性の向上です。先進的に取り組んでいる企業が使っているTeamSpirit。その活用ノウハウと事例をお話します。

■17:30
質疑応答

■17:45
セミナー終了 

開催場所:

株式会社チームスピリット本社セミナールーム

■住所
〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階

■アクセス
● 東京メトロ銀座線京橋駅「4番」出口目の前
● JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
● 東京メトロ・有楽町線銀座一丁目駅より徒歩4分
● 都営地下鉄・浅草線宝町駅より徒歩3分

お申込多数のため受付を終了しました

Support
Page topへ