魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

TeamSpirit 魂のブログ

2018/05/16

TeamSpiritを使って労務リスクも税務リスクもまとめて回避 〜工数管理を使ったソフトウェア原価管理

ソフトウェアの開発費は、ソフトウェアの目的や開発の内容などによって、会計上と税務上で、資本支出となるのか期間費用となるのかが異なる場合があります。従って、会計・税務それぞれの監査をスムーズに行い、後々法人税の過少申告といった指摘を受けないためにも、ソフトウェア開発時の工数を基礎データとして収集して置くことが重要です。TeamSpiritの工数管理を使えば、複数の仕事を掛け持ちしてる開発者でも簡単に工数が登録でき、また勤務時間との整合性もチェックしてくれるので、勤務時間と工数の合計が異なるといった問題もありません。

続きを読む
2018/05/10

【シンガポールからみた働き方改革】シックリーブ(病気休暇)導入の勧め

日本は有給休暇の消化率が諸外国に比べて低いという特徴があります。有給休暇を取得しない最大の理由の一つは、病気になった時など緊急で休暇が必要になった場合に備えて、有休を残しておくということのようです。欧米やアジアの多くの国には、通常の年次有給休暇以外に、病気や怪我で仕事を休む必要がある場合に使えるシックリーブ(Sick Leave)という制度があります。日本の企業で有給休暇の消化率を高め、社員のワークライフバランスを向上させるために、シックリーブを検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む
2018/05/07

「これってできるの?チムスピ」#1 打刻編

「TeamSpiritでできますか?」「どうやったらできますか?」とよくご質問いただく項目をまとめて「これってできるの?チムスピ」として連載でお答えすることにしました。 第1回は、おそらくほとんどのお客様がご利用の「打刻」に関連するご質問です。

続きを読む
2018/04/24

バージョンアップにみるクラウドサービスのメリット

TeamSpiritは、Salesforceというクラウドプラットフォームを基盤として、勤怠管理・工数管理、経費精算、電子稟議を一体化した働き方改革プラットフォームです。クラウドサービスは、その標準機能を多くのお客様に共通してご利用いただいています。お客様から寄せられる機能強化のご要望は開発チームにフィードバックされ、バージョンアップ時に順次実装されていきます。バージョンアップには、不具合の修正や、法改正への対応といったものも含まれます。 新しいバージョンは、ご契約のお客様に無償で提供されますので、バージョンアップ時には全てのお客様が新しい機能や不具合修正、法改正対応といったメリットを享受できるようになっています。

続きを読む
2018/04/24

安倍内閣による賃上げ3%要請で改めて考える「生産性向上」

2018年の春闘において、安倍政権は、経営者側に対して昨年までの2%を上回る3%の賃上げを要請しました。賃金を上げるためには、企業は労働者一人当たりの生産性を高める必要があります。そして、それを実現するためには大きく2つの方策があります。一つは、労働者一人一人の生産性を改善すること。もう一つは、企業の経営モデルを変革して、企業の稼ぐ力を高めることです。チームスピリットがこの2つの方策を駆使してどのように生産性向上を実現しているかをご紹介します。

続きを読む
2018/03/29

最先端を行くSalesforceエンジニア5名が語る、Salesforceのおもしろさとは?

2018年2月15日〜16日、ホテル雅叙園東京(東京・目黒区)で開催された「Developers Summit 2018(主催:株式会社翔泳社)」で、エンジニアが、あらためて「『変わるもの』と『変わらないもの』は何か」を見つめ直し、それぞれの今後のあり方を模索するような議論が交わされました。その中でも、2月15日に開かれたセールスフォース・ドットコム社主催のセッションでは、Salesforceエンジニアの中でも最先端を行く5名のエンジニアが登壇。ここでは彼らの議論の一部である「開発基盤としてのSalesforceの凄いところ」についてご紹介していきたいと思います。

続きを読む
2018/03/22

【祝】TeamSpiritが7歳になりました!

2018年3月22日、おかげ様でTeamSpiritは7歳を迎えることができました! Salesforce上でのOEMとして製品開発に着手後の、2011年3月に「TeamSpirit」のベータ版が、その約1年後の2012年4月に、正式版の「TeamSpirit」がリリースされました。 ベータ版リリースから7年、正式版リリースから6年でTeamSpiritは800社、10万人を超えるユーザ様に使っていただくサービスとして成長しました。

続きを読む
2018/03/20

プロジェクト型ビジネスの「働き方改革」は収益性向上から

システム開発やウェブ開発、広告代理店、コンサルティング、弁護士・会計士・税理士といった士業など、プロジェクト単位でビジネスをする企業においては、プロジェクトの一つ一つがどのくらいの収益をあげているのかどうかを把握することは大変重要です。また、収益性の把握は、プロジェクトが終わった段階で行われるのではなく、プロジェクトの計画時および実行時にも行われる必要があります。チームスピリットが提供するTeamSpirit Leadersは、プロジェクトの収益性をプロジェクト完了後だけではなく、計画段階および実行段階においてリアルタイムで見える化することができます。プロジェクト型ビジネスにとって、働き方改革の一つは、プロジェクトの収益性をあげ、プロジェクトメンバーのモチベーションやエンゲージメントを高め、さらに価値の高いプロジェクトを獲得し、実行していくことにあります。

続きを読む
2018/03/08

TeamSpiritで実現する働き方改革 vol.3 〜生産性向上編〜

働き方改革の最終ゴールが生産性の向上であるという認識は多くの企業で共有されているのではないでしょうか?TeamSpiritは、売上に直接繋がらない間接業務をデジタル化、自動化することによって、余裕時間を生み出しつつ、働き方を見える化することによって、無駄な時間や付加価値を産まない時間を洗い出して削減し、価値を生み出す活動に労働時間をシフトさせるというタイムマネジメントの機能を提供し、生産性の向上に貢献しています。

続きを読む
Page topへ