2016/04/12 10:00:00

Salesforce Developer の育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、R&Dチームの倉谷です。

Salesforce Developer の新入社員の導入教育に困ってませんか?

Force.com / Visualforce / Lightning Component など覚えなければいけないことがたくさんあるのに、なぜか書籍がほとんど出版されていません。 開発者ガイド読むにもいきなりページ数が多すぎたり...(よく書けているのでSalesforce開発者なら一読の価値はあると思います)。

特に、スタートアップ企業では教育に十分なリソースを割り当てるのも難しいところもあります。

Salesforce を楽しく学べる方法 Trailhead

そこで、Trailhead です。

Trailhead とは、セールスフォース・ドットコム社 が提供する Salesforce.com を学習するためのゲーミフィケーションを取り入れた無料で利用できる e-Learning サービスです。 日本向けに分かりやすく言うと「Salesforce版 ドットインストール 」です。

学習を山登りにかけて Trailhead という名前になっているようです。

初級学習コンテンツから登り始めて、山頂までの道標として難易度別に用意された学習コンテンツをクリアしていき、最後には山頂に着くことができます(Salesforceの機能をマスターできます)。

Salesforce を楽しく学ぶ方法 Trailhead 

はじめの一歩

まず、プロジェクトの「会議管理アプリケーションを構築する」で Force.com 開発の全体を理解してもらいます。時間的にも半日程度あれば十分終わりそうで、目次を見てもらうと分かるように開発に必要な機能を一通り体験することができます。

このコンテンツはセールスフォース・ドットコム社主催の研修では利用しているコンテンツのようなので、初学者にはちょうど良さそうです。

会議管理アプリケーションを構築する

  1. データモデルの作成
  2. アプリケーションの作成
  3. Apex クラスの作成
  4. SOQL と DML を使用してデータにアクセスする
  5. Apex トリガの作成
  6. Visualforce ページの作成
  7. コントローラ拡張の作成
  8. Visualforce ページでの JavaScript の使用
  9. App Cloud API の使用
  10. アプリケーションのテスト
  11. Apex を使用した一括処理とスケジュール設定

 

次のステップ

その後は、トレイルから開発者初級を選択して、順番にやっていってもらいます。 時間があれば、開発者中級もやってもらってもよいですが、使うタイミングになって学習するくらいでもよさそうです。

開発者初級

  • Salesforce プラットフォームの基礎(1時間35分)
  • データモデリング(1時間)
  • データの管理(20分)
  • データセキュリティ(1時間50分)
  • 数式と入力規則(45分)
  • プロセスの自動化(1時間25分)
  • Salesforce1 モバイルの基本事項(1時間10分)
  • Apex の基礎とデータベース(2時間45分)
  • Apex トリガ(1時間)
  • Apex テスト(45分)
  • Visualforce の基礎(2時間25分)

 

さらなる高みへ

ここまでくれば、Salesforce プラットフォームでの開発方法が理解できてきます。 以降は、Apex ワークブックなどをやりつつ、Apex 開発者ガイドに目を通していくことになります。

Salesforce プラットフォーム上で開発するためにはガバナ制約やセキュリティは必須知識なので、Apex 開発者ガイドや Force.com セキュリティリソースにも目を通しておいたほうがよいでしょう。

また、開発者コミュニティでの交流は、最先端の技術を仕入れる場でもあり良い刺激になるので、参加してみるとよいと思います。

 

おまけ

Salesforce エコシステム内でビジネスするのであれば、開発系のモジュール以外でもトレイル「Salesforce の強みを知る」はやっておいてもよいと思います。

Salesforce プラットフォームというクローズドな技術は、エンジニアにとってオープンな技術よりも学習するモチベーションが湧きづらいところがあります。それを払拭する意味でもプラットフォームの強みを知っておくことは重要です。

Salesforce の強みを知る

  • Salesforce Success モデル(10分)
  • Salesforce クラウドの利点(10分)
  • Salesforce テクノロジの基礎(40分)
  • Salesforce エコシステム(20分)

 

まとめ

弊社でも活用してはじめている Salesforce Developer 向けの導入教育に利用できる Trailhead について紹介しました。

スタートアップ企業は人も少なく新しい人の立ち上げには苦労しがちなので、Trailhead は強力なツールになります。セールスフォース・ドットコム社が提供する学習コンテンツなので、自社には負担がなく始めることができ、今後も継続してコンテンツをメンテナンス・追加してもらえます。

いきなりワークブックや開発者ガイドを読むのはハードルが高いと感じる場合は、Trailhead を活用してみるとよいでしょう。

 

Salesforce プラットフォームでのアプリケーション開発や TeamSpirit について、もっと詳しい話が聴きたい、という方は、ぜひ遊びに来てください!

RD
Page topへ