2016/11/02 21:28:55

【なるほどTeamSpirit:FAQ編】TeamSpirit導入前に疑問に思ったことはコチラで解決!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「山手線の次の駅に着くまでに1つの機能をイメージできます!」をコンセプトにしたブログ「なるほどTeamSpirit」。機能紹介動画編に加えて、こちらでは、ご契約前の方々から良く頂く質問をFAQの形でまとめています。これからも、少しずつ質問項目を増やしていきますので、ぜひたまにチェックしてみてください。


目次

■サービス全般
■勤怠管理
■経費精算
■工数管理
■稟議
■承認フロー
■システム
■セキュリティ


■サービス全般

Q. TeamSpirit が選ばれる理由はなんですか?

勤怠、経費、工数、稟議、SNS機能を一元化することで、ユーザ業務の効率化と管理業務のコスト削減し、内部統制にも効果を発揮します。利用者の"めんどくさい"を徹底排除して働く人の創造的な時間を生み出し、今まで以上にチーム力を引き出すことが可能な「ERPのフロントウェア」を提供するというコンセプトに多くのお客様に共感していただいております。

Q. どのようなサポートプランがありますか?

有償・無償のサポートプランをご用意しております。
有償サポートにも、導入/運用それぞれのプランがあり、担当コンサルタントがお客様の業務開始に必要なコンサルティングや設定代行等を対面・お電話・メールでサポートいたします。無償サポートは、マニュアル/FAQ など、TeamSpirit をご利用いただく上で必要になる各種コンテンツやサポートへのお問い合わせ履歴等が確認可能なご契約者様専用のサポートポータルサイトのご利用が可能です。
また、有償、無償に関わらず TeamSpirit の契約中は、個別相談会・研修・Fan感謝祭などにも参加が可能です。

Q. 月額以外に料金は発生しますか?

ご契約時に初期費用+月額利用料(最低利用料金3万円から)を年間でお支払いただいた後は、更新料は発生いたしませんので、月額料金のみでご利用可能です。詳しくは、価格 をご覧ください。

Q. デモンストレーションは可能ですが?

はい、実際の画面をご覧いただきながらデモンストレーションを行った後、質疑応答の場を設けさせていただいております。 デモンストレーションをご希望の場合、TeamSpirit ご契約前のお問い合わせ よりお申し込みください。

Q. トライアルは可能ですか?

はい、最大5ユーザまで30日間無料トライアルが可能です。トライアルをご希望の場合、TeamSpirit トライアル申し込み よりお申し込みください。

Q. ライセンス追加は何ユーザからですか?

5ユーザから承っております。追加したユーザの費用は、契約終了日までを1年で月割りしてのご請求となります。

Q. Salesforce との関係はどのようになっていますか?

セールスフォース・ドットコム社が提供するプラットフォームが基盤となっておりますのでTeamSpirit をご契約いただくと TeamSpirit に関連した Salesforce の一部機能も利用可能となります。加えて、Salesforce の拡張性を活かして、勤怠/工数/経費以外の業務プロセス改善に結びつける展開も可能になります。

※TeamSpirit のライセンスエディションの変更や、Salesforce の別途契約が必要になります。詳しくは、TeamSpirit ご契約前のお問い合わせ よりお問い合わせください。

Q. Salesforce のライセンスは必要ですか?

必要ありません。Salesforce を利用していないお客様もご利用可能です。
※既に Salesforce の Enterprse Edition を一部ユーザでご契約されている場合も同じ組織で TeamSpirit を利用することは可能ですが、SalesCloud などの機能を利用していないユーザも TeamSpirit の利用料金のみで利用可能です。


■勤怠管理

Q. どのような勤務体制に対応していますか?

固定労働制、変形労働制、裁量労働制、管理監督者に対応しております。また、みなし労働制も対応実績がありますので、詳しくは、TeamSpirit ご契約前のお問い合わせ よりお問い合わせください。

Q. どのような申請に対応していますか?

各種休暇(年次有給休暇、会社固有の無給/有給)、代休、振替休日出勤、残業、早朝勤務、遅刻、早退、勤務時間変更(シフト、時短等)、出社・退社の時刻修正(修正を必須とする設定の場合)、直行/直帰、日次確定などの申請に対応しております。

Q. シフト勤務に対応していますか?

はい、対応しております。事前にユーザが特定の日に対して始業・終業時間などを設定した勤務パターンを申請したり、管理者がユーザの勤務体系毎にシフト勤務を設定することも可能です。また、管理者がシフト勤務をユーザ毎に設定することも可能ですが、別途 TeamSpirit Leaders のご契約が必要となります。

Q. 休日出勤申請を必須にできますか?

はい、休日出勤申請をしてからしか打刻ができないよう制御をすることも可能です。

Q. 深夜残業は残業申請を必須にすることはで可能ですか?

はい、設定した特定の時間を超えて勤務をした場合は、残業申請を必須にすることや承認された残業申請のみ就労時間をして積算されるように設定が可能です。また、所定労働時間を超えて勤務をする場合も同様です。

Q. 所定労働時間が法定労働時間より短いのですが、対応していますか?

はい、36協定で定められている法定労働時間までを所定の残業時間として別々に計算がされますので対応可能です。

Q. 年次有給休暇の自動付与は対応していますか?

入社日基準/会社の有休付与指定日(毎年4月1日など)の時点で勤務期間経過(年月)毎に年次有給休暇の自動付与が可能です。

Q. 出勤打刻、退勤打刻の丸めは対応していますか?

はい、1分/5分/10分/15分単位で切り上げ切り捨てともに設定が可能です。

Q. 遅刻、早退は、どのように集計されますか?

自己都合か自己都合によって、遅刻/早退 としてカウントするのか、自己都合でない場合は、就業開始・終了時間まで勤務をしたことにみなすのかなどの設定が可能です。

Q. 社員証での打刻には対応していますか?

はい、Felica 対応の社員証であれば可能です。

Q. モバイルからの打刻は可能ですか?

はい、打刻などを行うモバイル専用アプリケーションで打刻が可能です。

Q. どのような打刻方法がありますか?

Web、モバイルがあります。その他オプションで、タイムレコーダー、NFCリーダ(カードリーダ)、マイフェアカード・シール、顔認証、指静脈認証、セキュリティドアを利用しての打刻も可能です。

Q. 打刻する場所を社内のみ制限可能ですか?

はい、特定の IPアドレス からのみ打刻制限を設定することが可能です。

Q. 再出社には対応していますか?

はい、再打刻ができるように設定が可能です。退社してから再打刻までの間は、休憩(または、私用外出)として扱われます。

Q. 全員の勤務表を一括でダウンロード・印刷は可能ですか?

はい、一括でPDF形式でダウンロードが可能です。また、ダウンロード後に印刷も可能です。

Q. 勤務表の閲覧制限は可能ですか?

はい、承認者や管理者のみが他ユーザの勤務表へのアクセス制限が設定可能です。また、部署ごとにも管理者の設定が可能です。

Q. 36協定の限度時間を確認する方法などありますか?

はい、36協定に抵触しそうなユーザをレポート機能を利用して一覧で表示することやユーザに警告を表示することが可能です。

Q. 打刻を忘れている社員にメールで通知は可能ですか?

はい、社員や人事部の管理者にメールで通知が可能です。また、レポート機能を利用して打刻をしていないユーザ一覧なども閲覧可能です。

Q. 申請の種類ごとに承認フローを変えることはできますか?

はい、申請内容、部署、ユーザ等の条件で承認フローの設定が可能です。

Q. どのような給与計算ソフトに対応していますか?

自由に出力データをカスタマイズ可能ですので様々なソフトに対応可能です。詳しくは、TeamSpirit ご契約前のお問い合わせ よりお問い合わせください。


■経費精算

Q. 出張など事前に経費の承認を取る事はできますか?

はい、事前に経費申請を行い、そのまま経費精算に連動することが可能です。また、事前に申請がない場合にエラー表示して申請ができないようにすることも可能です。

Q. 役職ごとに表示する費目の制限はできますか?

はい、役職や部署ごとなどのグループを作成してグループごとにどの費目を表示するか設定が可能です。

Q. 会議/交際費の申請時に人数をいれることは可能ですか?

はい、費目ごとに独自のテキスト入力欄を2つまで設定可能ですので、社内・社外の人数を入力することが可能です。

Q. 補助科目に対応していますか?

はい、科目/補助科目/税区分コードなどに対応しております。

Q. 外貨入力は可能ですか?

はい、ユーザが為替レートを入力した申請と管理者が予め設定した為替レートを選択して申請することが可能です。

Q. 非課税・不課税にも対応していますか?

はい、費目ごとに税区分を設定することが可能です。

Q. クレジットカードとの連携はしていますか?

はい、三井住友 VISA コーポレートカードに連携しております。利用明細を自動で取り込み、精算したい利用明細を選択した申請が可能です。また、自動取り込みには対応しておりませんが、他のレジットカードも、支払先として登録が可能です。

Q. 交通費系ICカードとの連携はしていますか?

はい、交通費情報を TeamSpirit へ記録できる専用端末+連携サービスがありますので、別途ご契約いただければ、利用経路と運賃をシステムに読み込み精算したい明細を選択して申請できます。また打刻時にも自動で取り込むこともでき、私用の交通費は除いての申請も可能です。

Q. 定期区間を除いた交通費申請が可能ですか?

はい、事前にユーザの定期区間・経路を登録することで定期区間を除いた交通費を自動計算して申請することが可能です。

Q. バス区間の申請は可能ですか?

バス区間の定期区間、ICカードとの連携には対応しておりませんが、乗車場所/降車場所/乗車賃を入力してした経費申請は可能です。

Q. モバイルからの経費明細の登録は可能ですか?

はい、iOS をご利用の場合は、OCR機能を利用して領収書を写真撮影して取り込むことで、日付/店名/金額/摘要を自動的に取り込むことが可能です。

Q. 申請中や承認された経費申請を修正することは可能ですか?

はい、承認者/システム管理者/経費管理権限を持っているユーザが修正することが可能です。

Q. 申請した金額に応じて承認フローを設定することは可能ですか?

はい、可能です。また、経費明細に経費を利用したプロジェクトの登録も可能ですのでプロジェクトマネージャーを承認者にすることも可能です。

Q. 会計月を跨いだ申請はわけることは可能ですか?

はい、申請の中に月を跨いだ明細がある場合は、エラーを表示して申請できないように制御が可能です。

Q. 仮払いに対応していますか?

はい、事前に申請した仮払いに対して経費精算が可能です。

Q. 全銀データの出力は可能ですか?

はい、経費の申請後、経理管理者が精算日を指定して全銀データを自動で作成することが可能です。

Q. どのような会計ソフト(仕訳データ)に対応していますか?

自由に出力データをカスタマイズ可能ですので様々なソフトに対応可能です。詳しくは、TeamSpirit ご契約前のお問い合わせ よりお問い合わせください。


■工数管理

Q. 工数はどのように入力が可能ですか?

勤務時間と工数時間に対して割合でバーで入力したり、時間で手動で入力する事が可能です。

Q. プロジェクトごとに利用制限は可能ですか?

はい、プロジェクトごとに利用できるユーザやグループを設定して利用制限を行うことが可能です。

Q. プロジェクト作成は誰が可能ですか?

はい、プロジェクト作成は、ユーザ個人単位で設定可能です。

Q. 顧客ごとに社内工数がどのくらい使われているか確認可能ですか?

はい、プロジェクト/顧客毎に指定した期間で各社員/部署などでどれくらい工数を利用しているかの集計がリアルタイムで確認可能です。


■稟議

Q. 申請フォーマットはカスタマイズ可能ですか?

はい、申請フォーマット項目は、チェックボックス/選択リスト/複数選択リスト/通貨/日付/時間/テキスト/HTML形式などを利用することが可能です。現在利用しているフォーマットに近い形式でカスタマイズが可能です

Q. 申請書ごとに承認フローを設定することは可能ですか?

はい、申請書毎に承認フローを設定したり、申請者/役職/部署などでも設定が可能です。

Q. 添付ファイルを付けて申請することは可能ですか?

はい、複数の添付ファイルをつけての申請も可能です。


■承認フロー

Q. 承認プロセスは、何段階まで設定可能ですか?

最大、15段階まで設定が可能ですが、組織変更時等のメンテナンスを考慮すると3段階くらいをおすすめしています。


■システム

Q. データの保管期間はいつまででしょうか?

データの保持期間に期限はありません。また、データを保持するだけであれば、ユーザにライセンスを設定する必要ありません。

Q.サポートされている動作環境はなんですか。

IE, FireFox、Chrome の 最新のブラウザに対応しています。


■セキュリティ

Q. セキュリティは安全ですか?

すべてのデータは、金融機関も採用している Salesforce の AppCloud クラウドのプラットフォーム(PaaS)で管理されております。また、データーセンター内でもミラーリング、コピー、日次バックアップ等の体制で 99%以上の稼働率を維持しております。

Q. ログインパスワードポリシーは設定可能ですか?

はい、最小パスワード文字数(5 ~ 50 文字), パスワードに含める文字列制限(英数字、大文字小文字、特殊文字を含めるなど), 過去のパスワードの利用制限(制限なし、1 ~ 24 回までのパスワードは利用不可)などの設定が可能です。

Q. パスワードを定期的に変更させることは可能ですか?

はい、パスワードの有効期間を 30日、60日、90日、180日、1年、無制限で設定が可能です。

Q. ログインアクセス制限は可能ですか?

はい、IP アドレスでのログインアクセス制限が可能です。また、どの IP アドレスからアクセスしているか等のユーザのログイン履歴も確認することが可能です。

Q. SSO には対応していますか?

はい、Salesforce が ID プロバイダの場合は、SAML / OAuth に、Salesforce がサービスプロバイダの場合は、SAML / OpenID / 代理認証に対応しております。(2016年10月時点)


みなさま、いかがでしょうか?TeamSpiritの特徴が伝わりましたでしょうか?これからも、山手線ひと駅分のお時間でTeamSpiritを理解できる、「なるほどTeamSpiritブログ」を宜しくお願いいたします。

Support
Page topへ