2017/06/14 19:35:50

《Salesforce Trailhead Live 2017に出展》勤怠管理・工数管理・経費精算をSalesforceに統合し「働き方改革」を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームスピリットは2017年7月4日(火)に東京ミッドタウンホール/ザ・リッツ・カールトン東京で実施されます、Salesforce Trailhead Live 2017に、勤怠・工数・経費精算を融合した「働き方改革」プラットフォーム・TeamSpiritを出展します。

このイベントは株式会社セールスフォース・ドットコムが主催するイベントで、新しいカタチで顧客とつながり 
ビジネスを成功に導くために、 
顧客、パートナー、Salesforce 社員が集まり、 
最新テクノロジー、クラウドサービス、事例を学び 
「Trailblazer(トレイルブレイザー:先駆者)」になるためのイベントです。

基調講演:「Become a Trailblazer」には、米国セールスフォース・ドットコムChairman & CEOマーク・ベニオフ氏の登壇が確定しています。

チームスピリットは、12:00〜19:00の時間帯、Customer Success Expo(展示会場)にてブース出展致します。ブース小間番号は④です。

御社の働き方改革の促進に参考となる情報をお届けしますので、是非お立ち寄りください。

チームスピリット一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております!

ブースでの出展内容:

■展示会場:勤怠・工数・経費精算を融合した「働き方改革」プラットフォームTeamSpiritを出展
TeamSpiritは勤怠管理/就業管理/経費精算/工数管理/電子稟議/行動管理を一つに融合して省力化および自動化を実現します。 これによって職種や企業規模に関わらず「働き方改革」の重要な要素である「業務の効率化」と「労働生産性の向上」を実現し、その結果「長時間労働の抑制」に寄与します。

本ブースでは、最近お問合せが急増している2つの観点から、実演や事例を交えて活用方法をご紹介します。

○営業・マーケティングの生産性向上

営業・マーケティング職の方々が生産性向上を目指すためには、まず現在の働き方を可視化し、その上でどのように改善していったらいいかを試行錯誤していく必要があります。TeamSpiritは、まさにそのためのプラットフォームです。勤務状況を入力することで、自身の働き方の振り返りができる他、マネージャーはメンバーの状態をダッシュボードやレポートで可視化できます。入力も様々な方法があり、ICカードやビーコンなどで自動化が図られています。

○システム開発、コンサルティング、コンテンツ制作系企業の働き方改革

また、「原価=人件費+経費」というシステム開発、コンサルティング、コンテンツ制作系の企業様では、経営数値の把握や利益予測のために、プロジェクトごとのリアルタイムな原価管理が欠かせません。ところが、入力も面倒ですし、表計算ソフトだけではなかなか難しいのも事実です。

「プロジェクト原価管理」「工数実績把握」といった課題に悩んでいる方に、プロジェクト原価管理の"めんどくさい予実管理"を解消するTeamSpirit Leadersをご紹介します。

参加費用:無料

Support
Page topへ