魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2018/10/12 11:27:54

CESS Intellectual Program 第11回CESSラウンドテーブル 【データ活用による人事改革 ~デジタルと働き方改革で成長する~】イベントレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月4日にチームスピリット イベントスペースで「CESS Intellectual Program 第11回CESSラウンドテーブル」が開催されました。

弊社取締役宮原含め、3名のゲストが登壇したラウンドテーブルでは、経済産業省産業人材政策室/経済社会政策室の木村拓也氏が、「働き方改革」×テクノロジーについて、

「AIを含むITテクノロジーを活用し、人事改革・経営改革を行い、働き方改革に繋げていってほしい、また政府としても人生100年時代は「学び働き、また学び働く」というモデルを重要視している」

と語るなど、日本社会に置ける働き方改革やHRテクノロジーの重要性を感じるラウンドテーブルとなりました。

CESS Intellectual Program 第11回CESSラウンドテーブル

今回で11回目となるCESSラウンドテーブル。テーマは「データ活用による人事改革 ~デジタルと働き方改革で成長する~」で、生産性向上やタレントマネジメントを実現するケーススタディとサービス事例、今後の働き方改革を取り巻く政策・制度の最新の展望について学ぶ時間となりました。

ゲスト(敬称略)

・木村拓也 経済産業省産業人材政策室/経済社会制作室 
・宮原一成 株式会社チームスピリット 取締役
・杉山真司 株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部 人事総務本部 ピープルアナリティクスラボ マネージャ

チームスピリット宮原、CESSラウンドテーブル登壇


TeamSpiritを活用したチームスピリット内の改革事例を紹介

宮原は登壇の中で、

「TeamSpiritは、働き方に関するデータが収集・見える化されるので、それを分析、そしてSNS機能を通して改善を指示、その一連のフローの結果、会社全体の構造改革を行なってもらうことができる」

とTeamSpiritを使っていかに働き方改革を進めてもらえるかについて説明。

さらに、チームスピリット社内における働き方についても、

「チームスピリットはフレックス制度を取り入れているが、残業時間見込みや有給取得率等をTeamSpiritのダッシュボードで一目で見ることができ、リアルタイムで状況を把握できる。それらを元に1on1を行なって、状況をヒアリングし、改善を促すコーチングを行っている。優秀な営業担当がどのような働き方をしているのか、そうでない人はどのような働き方をしているのか。それらを比較して、よりよい成果に繋がるように活用している」

など、実際にTeamSpiritを活用して行なっている取り組みについて説明しました。

またユーザ様の使用例として、

「導入前と比較し、平均40%の作業時間削減に成功している」

「ユーザ様の中には、TeamSpiritのダッシュボードを利用し、"残業時間ワースト10"を実名付きで社内に共有することで従業員の意識改善を行なっているケースもある」

など実際のフィードバックや使用例も紹介しました。

続けて、

「生産性を上げるためには時間を作り出すことが重要。TeamSpiritを活用して、後戻りの少ないマネージメントプロセスを作ることで無駄を省くことがでる」

と、TeamSpirit上で働き方が"見える化"された管理画面と合わせて、働き方改革に繋げるTeamSpiritの使い方を説明しました。

また、聴講者からの、

「TeamSpiritのユーザは、働いた時間の内訳となる工数は正確に入れているのか」

という質問に対しては、

「工数入力は、管理されるためにやらされていると思っている人もいると思うが、本来は働く人自身が、毎日の仕事の振り返りを行うためのものでもある。TeamSpiritは入力の手間を極力減らせるよう設計されており、割合で感覚的に工数をつけられるUIにしている。また、それでも登録が面倒という人には、カレンダーから連携出来る機能もある」

と、日々自分がユーザとして、またマネージメント層としてTeamSpiritを使っている視点と

合わせて回答していました。

CESSについて

CESSは、働き方改革をあらゆる個人と組織が創意工夫と実行力を発揮し社会を発展させていくプロセスと捉え、そのための実効性あるアイデア創出を目指す団体です。

・団体名称:一般社団法人働き方改革コンソーシアム(CESS)
・設 立:2017(平成29)年11月10日
・理事長:間中健介
・所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-3-2 郵船ビル1階
・電話番号:03-6804-1427、URL:http://c4ess.com

Support
Page topへ