魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2018/12/12 10:19:10

【共催セミナー】「働き方改革」実践事例セミナーレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月7日(金)にチームスピリット内セミナースペースにおいて、「働き方改革」の実践事例として株式会社イー・ステート・オンライン様をお招きし、株式会社ソルクシーズ様と共催のセミナーを開催しました。今回はそちらの様子をご紹介します。師走の忙しい時期にもかかわらず、多くの企業様に参加いただきました。

イー・ステート・オンライン様には「株式会社イー・ステート・オンラインが実践する業務の効率化と働き方改革」と題し、経営管理部 人事・総務G 課長 小林様にご登壇いただきました。様々な長時間労働対策を講じるもなかなか進まず停滞する中、「TMK」とネーミングした施策を実施。TMKとは、T(たまには)M(みんなで)K(帰ろう)の略称とのこと。


最初はノリの軽さに困惑しつつも管理職全員で旗振りをし、前向きなメッセージを出すことで2年経過した現在では完全に定着しているとのことでした。こういったわかりやすいワードで共有することも成功した要因となりましたが、とにかく「やってみること」かと思います。こういった取り組みに勤怠管理や工数管理が一体となった「TeamSpirit」が貢献しています。どの部署のどのメンバーが、どんな仕事でどれくらい残業しているか?を把握することはこうした施策を進める上で非常に重要となります。


その他、チームスピリットとパートナーとなっている株式会社ソルクシーズの「Fleekform給与」の活用に関してもご紹介いただきました。

ソルクシーズとの連携に関して
https://www.teamspirit.co.jp/blog/news/2016/12/fleekform.html

「TeamSpirit」と「Fleekform給与」を連携し、申請者や管理部門、管理数を削減し、業務効率を上げる取り組みは、どの企業様にも参考になったのではないでしょうか?

その後、弊社の飛鋪からは「勤怠・工数データを活用した労働生産性向上の秘訣」と題して工数の重要性、ダッシュボードによる業務の見える化と生産性向上に関して発表させていただきました。業務改善の方法は会社によって様々です。まずは工数管理で、時間の使い方を見える化するところから始め、どのような課題があるかを把握することがとても重要です。

最後に株式会社ソルクシーズ クラウドサービス事業部 マネージャー 滝沢様から、「Fleekform給与」のご説明とデモンストレーションをしていただきました。帳票のデザインから各種設定がすべてWeb上で行え、「TeamSpirit」からも自分の給与明細を見ることができるようになります。

「TeamSpirit」と「Fleekform給与」を組み合わせることで、クラウド上に各種申請や決済が完結し、給与明細や経費精算などにおいて、ペーパーレスが実現できます。働き方改革には業務効率化が欠かせません。皆様の働き方改革のご参考にしていただければと思います。

働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」
https://www.teamspirit.co.jp/


Web給与明細サービス「Fleekform 給与」
https://www.fleekform.com/payslip/

Support
Page topへ