魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2018/12/20 17:22:01

チームスピリットメンバーインタビュー〜ソリューションセールスチーム 村本加奈〜 

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームスピリットで活躍するメンバーにインタビューをしていく企画の第二弾です!
今回は、異業種からITのソリューション営業にチャレンジしている村本にインタビューをしました。

村本 加奈(むらもと かな)プロフィール
新卒で食品メーカーに就職し、外食産業向け部門にて営業事務を担当。その後人材紹介企業での営業経験を経た後、2018年5月にチームスピリットに入社。様々な業界の企業に対する新規営業を担当している。

・以前は人材紹介会社での営業をされていましたが、なぜ異業種であるチームスピリットの営業を志望したのですか?

実は、人材紹介会社で営業をする前からずっと業務アプリケーションベンダーで営業をしたいと思っていました。

きっかけは、新卒入社の会社で営業事務をしていた頃、既存の業務システムがクラウドに変わり、業務の効率と質が格段にあがって感動したことです。

これまで社内でしかアクセスできなかったシステムにモバイルで外出先からもアクセスが出来るようになり、営業の皆さんも喜んでいましたし、営業事務をしていた私も、これまで営業の皆さんが社内にいるときに聞きに行っていた営業活動の状況が、システム上でリアルタイムに把握出来るようになり、先手を打った行動がスムーズに出来るようになりました。

営業の仕事をしてみたいと思うようになったのは、営業の方々のお仕事を見ていたことがきっかけです。フロントに立ってお客様に価値をお届けし、いきいきとしている営業の方の姿に魅力を感じ、挑戦したいと感じるようになりました。また、展示会やお電話でお客様の対応をする中でも「お客様の役に立てた!」と感じる瞬間に嬉しさを感じるようになり、その気持ちが一層強くなりました。

ただ、当時は営業経験・IT業界経験共になかったので、まずは出来ることから始めてみようと思い、社内でITを絡めた業務改善をしたり、ITパスポートを取るなどしました。
その後、人材紹介会社で営業経験を積んだ後チームスピリットに応募しました。

数ある会社の中からチームスピリットを志望した理由は、「すべての人を、創造する人に。」というミッションを掲げ、ITの力で一人ひとりの挑戦するチカラに加速力をもたらし、一人ひとりが主人公となって活躍できる世の中を創っていくという考えに共感したことが最も大きな理由です。

実際に面接で代表の荻島からどういう想いでこの会社をつくったのかや、好調だった受託開発事業からなぜ現在の自社サービス開発の事業に舵を切ったのかなどを聞き、本当に社会の役に立ちたいという想いで事業をしているんだと感じました。

営業事務をしていた頃に感じた、ITの力で業務の効率や質が上がる経験を多くのお客様にもしてほしいと思っていた私にはぴったりな環境だと思いました。

そのほか、営業職という観点では、業界を横断して多様なお客様を担当できること、新規営業に注力できること、優秀な方々がいて学びが大きそうだと感じたこと・・・挙げるとキリがありませんが、転職活動中、この会社だ!!とピンときたのがチームスピリットでした。

・入社から半年経った現在までの間、どんな風に過ごしていますか?

入社後2ヶ月は導入プロジェクトに同席し、導入までの流れ、サービス知識を身につけました。
並行して営業の先輩に同行してお客様のニーズや商談の流れ・デモの仕方を学び、3ヶ月目からは営業としてお客様担当としてのアサインをいただくようになり、先輩に同行してもらいながら商談からクローズまでの進め方、サービス知識や業務知識を深めました。

先輩の担当商談の中で私がデモをする機会をいただいたり、先輩のサポートを受けながら大型案件の担当を任せてもらったり、色々な挑戦の機会を多くいただいています。
準備をして、打席に立つことで得る気付きも多く、日々学びや成長、更に良くするにはどうしたらよいか、といったことを感じています。

営業デビューから2ヶ月目くらいからは徐々に一人で商談に行くようになり、11月からついに一人立ちを迎えました。
今でもわからないことがあるときや困ったときには、営業チームの皆さんに相談することが多いのですが、快くサポートしてくださる方ばかりなので本当にありがたいです。

具体的な業務のキャッチアップ方法としては、デモは先輩のデモをスクリプトに書き起こして真似て練習しました。
そのほか、給与計算の仕組みや労働基準法、経理業務等については本から知識を収集し、不明点を随時先輩方に教えていただいています。

・入社して感じるチームスピリットの良いところ、反対に課題に感じて改善していきたいところはどんなところですか?

チームスピリットの良いところは、部門を超えて皆さんが協力的なところ!

「こういうふうにしてみたい!」といった想いを発信することで「いいね!やろう!」と前向きに協力くださる方々のいる組織だと感じています。

例えば、「こんな営業用資料がほしいな」と素案を作成し、マーケティングチームの方に相談したところ、翌日にものすごく綺麗な提案用資料にしてくださったのが、とても嬉しくびっくりした経験です。

そのほか、カスタマーサクセスチームやプロフェッショナルサービスチームの皆さんも、お客様への提案のための相談をするといつも親身に相談に乗ってくださるのがとてもありがたいです。

逆に、課題というと大げさですが、私が今後着手していきたいと思っているのはナレッジのドキュメント化です。
今後営業として入社される方がキャッチアップを早められるよう、私が経験した失敗や諸先輩方に教えていただいたことは、できる限りドキュメントにまとめておきたいなと思っています。

・チームスピリットで活躍している人はどんな人ですか

営業チームはいろいろなカラー・強みを持っている人が集まっており、お客様の大きなビジョンに併せた提案が得意な人や、サービスや業務知識が豊富でお客様の実務に沿った提案が得意な人、IT知識豊富で様々なシステムとの連携提案が得意な人など、皆さんそれぞれに強みを生かして活躍しています。

チームスピリット全体とでいうと、色んな取組に能動的に関わっている人が活躍していると感じています。
サービスをもっとよくしていきたい、会社をもっとよくしていきたい。そういった想いを持つ人たちが、分科会のような形でプロジェクトを立ち上げているので、想いを持って仕事をしたい人の活躍の場が多数広がっていると感じます。

・どんな人と一緒に働きたいですか

一緒に、お客様に届けられる価値をどんどん膨らませていけるような方が更に増えていくと嬉しいなと思います!
そのほかには、切磋琢磨し合って、お互いに成長していける仲間が増えていったらとても嬉しいです!

チームスピリット採用ページはこちら



Support
Page topへ