魂のBlog|勤怠管理と工数管理、経費精算ならチームスピリット

2019/02/08 11:00:00

「これってできるの?チムスピ」#5 休暇編

このエントリーをはてなブックマークに追加

「TeamSpiritでできますか?」「どうやったらできますか?」とよくご質問いただく項目をまとめて「これってできるのチムスピ?」として連載でお答えすることにしました。

第5回は、企業によって実に様々なパターンがあるかと思われる「休暇」に関連するご質問です。

質問1:

年次有給休暇や代休は、それぞれ「全日」「半日」「時間単位」での取得は可能ですか?

回答1:
年次有給休暇や代休の対応は以下の表の通りとなります。時間単位の代休には対応していません。また、時間単位の消化は1時間単位となります。

全日

半日

時間単位

年次有給休暇

代休

✖️

 


質問2:

時間単位有給休暇を1日に二度(遅刻・早退)に充てることはできますか?

回答2:

はい、できます。時間単位の休暇申請は、同日に複数回申請ができます。

例えば、ある日に9:00~10:00で時間単位休、同日16:00~18:00で時間単位休のように複数回取得できます。

 


質問3:

勤続年数に応じて、3年に一度付与される特別休暇があるのですが、TeamSpiritではどのように運用できますか? (どのように設定できますか)

回答3:

特定の従業員に、日数管理休暇を設定して、日数、期間付きで休暇を付与できます。


質問4:

本来は先月付与すべき休暇だったのですが、うっかり付与をしそびれてしまいました。過去に遡って休暇を付与することはできますか?

回答4:

はい、できます。付与する際に、有効開始日を過去日付にしてください。なお、設定により、有給休暇を自動的に付与することも可能です。

*有休自動付与の設定方法
有休自動付与の要否や付与日数は、勤務体系の設定の「有休自動付与の設定」で設定します。管理メニュー>【勤怠】勤務時間、休暇、勤務体系の設定をする から、有休自動付与を行う勤務体系の 【鉛筆マーク(編集)】をクリックし、有休自動付与の設定を行います。有休を自動付与する場合は、有休を自動付与する にチェックを付けます。



Support
Page topへ