働く人の創造的な時間を生み出し、
チームの力を引き出す「ERPのフロントウェア」

ERPのフロントウェア

探しているのは「勤怠管理」や「経費精算」のシステムですか?

残業時間を計算して給与計算用のデータを作成する『勤怠管理システム』、社員の立替経費を承認して払い込んだり会計データを作成する『経費精算システム』、プロジェクト毎の作業時間と経費を集計して原価管理のためのデータを作成する『工数登録システム』、それぞれ人事・労務部門、経理部門、事業部門が管轄するので一般的にはバラバラに検討されるのが一般的だと思います。

しかし社員の勤務時間と連動させてプロジェクトの原価管理をしたり、出張旅費をプロジェクトに直課したり、社員の残業時間やプロジェクト原価の予実をリアルタイムに可視化したり、システムを横断して実現できたらと思いませんか?従来はこの解決策としてERPパッケージが利用されてきました、しかしシステム導入コスト的にもシステム運用のリソース的にも、誰もが使えるシステムではありませんでした。

私たちが ご提案するのは"ちょうど良いERP"

そこで私たちは『既存の基幹システム』の上にアドオンするだけでバラバラだった業務アプリケーションをクラウドで統合し、例えば勤怠管理で記録した就業時間の範囲内で原価管理用の工数がスライダーで登録できたり、経費精算の時に直下するプロジェクトを選択できたり、互いにデータを自動連携させることで、どんなシステムでも成し得なかった高度な自動化機能を実現する「ERPのフロントウェア」TeamSpiritを創りました。

具体的には、勤怠管理、就業管理、経費精算、工数管理(プロジェクト原価管理)、電子稟議など、「社員がデータの発生源となる業務」を連携し、自動化することで、それまで独立した業務システムで別々に行っていたデータ入力を大幅に効率化しました。バックエンドではこれまでと同様、基幹システムが稼働しているため、これらの業務範囲においてはERPとして利用できます。

そしてそれらのシステムが連動することで社員の面倒な事務作業の無駄を排除して創造的な仕事にフォーカスするだけでなく、プロフェッショナル・サービスのオートメーションを実現し、全ての企業がプロフェッショナル・サービスファーム同様、一人ひとりの成果をチームの力に結束することができます。

そして "めんどくさい"を"いきいき"に変化させよう。

最近のSNSやモバイルデバイスの普及は、直感的でコミュニケーションを中心とした民主的なものに大きく進化させました。企業のIT活用においても、一人ひとりの社員を中心とした利便性の高いサービスが求められています。

そこでTeamSpiritはサービスのデザインや操作性に気を配り、企業内SNSやモバイルを標準で装備することで、様々なアイディアや情報を社内でスピーディーに共有しビジネスを加速させ、社員のパフォーマンスを最大化することを目指しました。

だから日頃なかなか互いに顔を合わせる機会が持てないような成長企業であっても、全社のゴールやビジョンを共有しながらビジネスの成長を目指すことができます。また管理職や管理部門にとっても、日々の社員の情報発信から、いち早く経営リスクを読み取り、適切な打ち手を講じることも可能になります。それが私たちが目指す「ERPのフロントウェア」なのです。

TeamSpirit 機能紹介ムービー公開中

チームスピリット
SaaS

私たちが目指すのは"ITの民主化"

私たちが目指すのは変化に挑戦する全ての企業が、規模に関係なく最高のIT環境を使える世界を創ること、特にTeamSpiritの守備範囲である勤怠管理や経費精算、内部統制のための電子稟議などは、全ての企業が利用できる社会インフラとして整備すべきと考えています。そのためにTeamSpiritは高額なシステムを購入することなく、社員一人ごとにリーズナブルな月額利用料で使える「ソフトウェアのサービス」としてご提供しています。

チームで貢献の輪を創ろう

そして私たちは最高のサービスを全てのお客様にご利用いただくために、特定のお客様向けのカスタマイズをお請けしていません。数多くいただく様々な「要望」や法改正に伴うアップデートは、全てのお客様が利用できる無償のバージョンアップとしてご提供いたします、『最新が最良』TeamSpirit をご利用いただいているお客様は常に機能が進化する最新のバージョンを無償でご利用いただけます。そのための開発資金は標準のサービス利用料として全てのお客様に均しく負担いただいていますので、大変申し訳ありませんが規模にかかわらず値引きをすることもできません。

その意味では、ご要望をお寄せいただくお客様も、その要望により常に最新で充実したサービスをご利用いただくお客様も、その実現をお手伝いする私たちも、全員が貢献の輪を創るチームなのです。従来の常識とは異なる窮屈な仕組みと思われるかもしれませんが、社内だけでなく世の中にも貢献できる私たちチームに参加してください。

貢献の輪
RIDE ON CLOUD!
ITセキュリティ

そのプラットフォームにあなたの会社の未来を託せますか?

もはやクラウドは成長企業に欠かせないIT 基盤になりました。クラウドを使ったサービスによる、業務の標準化、自動化、コストの削減は企業にとって大きなメリットです。しかし、クラウド活用を自社の成長エンジンとする上で考えるべきことは、これだけではありません。

企業の競争力を高めるクラウドの真の価値――それは、顧客・パートナー・社員を守る高度なセキュリティとシステムの安定性、そして自社の強みや独自性を活かす業務アプリケーションを実現するプラットフォーム力にあります。しかし残念なことに未だにサーバーがインターネットにあるだけで「クラウド」と称しているASPが多いのも事実です、貴方は本物のクラウドに乗り遅れていませんか?

salesforce

TeamSpiritが採用するのは金融機関も採用する安心のクラウド

TeamSpiritはクラウドのプラットフォームとしてセールスフォース・ドットコムのSalesforce1を採用しています。(OEMでバンドルして提供されるので別途プラットフォームの購入は不要です)

Salesforce1は全世界で10万社以上が利用するパブリックなサービスでありながらプラットフォームへのアクセスがお客様に限定され、金融機関も利用する世界最高水準のセキュアな環境です。セキュリティ対策のプロが常に高度な対策を行っていますので、限られた人員で行う自社システムの対策と異なり、サイバー攻撃など不測の事態に対しても安心です。

さらに日々のバックアップや、遠隔地とのシステム二重化もプラットフォームの利用料に含まれ、オペレーションをセールスフォース・ドットコムが実施しますので、高い経済性を実現しながら自社運営のシステムに比べても高い耐障害性、対災害性をもつ環境が利用できます。

未来型のICT基盤としてとして活用いただけます

Salesforce1は、 TeamSpiritの利用だけでなくプラットフォーム上にアプリケーションを自由に追加し連携させることができるので、世の中に公開されている多くのSalesforce1対応アプリケーションを活用して社内の準基幹システムとして利用することが可能です。(TeamSpirit のみ契約しているお客様が異なる業務アプリケーションの追加構築をするためには、別途有償のプラットフォーム契約が必要です。)

これからの時代にマッチしたPC・スマホ・タブレットなどのマルチデバイスを使うことのできる、真のICT基盤としてどうぞ安心してTeamSpirit を選択してください。

安全性は「高級マンション」と「ビジネスホテル」ほど違う

Salesforce1

TeamSpirit の契約にSalesforce1利用契約が含まれており、お客様がSalesforce1環境のオーナーになります。そのため、特別な許可が無い限り、弊社もお客様のシステム環境にアクセスすることができず、高級マンションのように完全なセキュリティが担保されます。

一般的なASP

システム環境(ハード・DB等)とアプリ、運用管理の契約は、サービスを提供する業者との一体の契約になっており、ビジネスホテルのようにサービスを提供する業者は常にお客様環境にアクセスすることができます。

プラットフォームもアプリケーションもダブルで進化します

  • PaaSとして「Chatter(企業内SNS)」、「WEBワークフロー」、「レポート・ダッシュボード」、「カレンダー」機能が組み込まれており、Salesforce1プラットフォームのアップデートに準じて機能が進化します。

プラットフォームだからできるシステムの連携による拡張性

  • Salesforce1プラットフォーム上に段階的にアプリケーションを追加することができます。*
  • TeamSpirit は他システムとシームレスに連携することができ、お客様からはまるで一つのシステムのようにご利用いただけます。

* TeamSpirit のみ契約しているお客様が異なる業務アプリケーションの追加構築をするためには別途有償のプラットフォーム契約が必要です。

マルチデバイスで利用できるのがこれからの“当たり前”

MAC、Windows、iOS、AndroidなどマルチOS、マルチデバイスで TeamSpirit が利用できます。

モバイルデバイスでの利用ではオフラインで処理を行いながら、オンラインに戻ったときにすばやくクラウドと同期し、企業データを保護し、データのセキュリティを守ります。

また、ソーシャルなコラボレーション機能であるChatterやセールスフォース上で動作する他のアプリケーションと簡単にメニューで簡単に切り替え可能で、ユーザにシングル・サインオンを導入します。

特に、ワークフローも全てのデバイスで共通化されるので出張先などで急ぎの稟議承認などが可能となります。

Page topへ