電子稟議について|チームスピリット

電子稟議

成長企業に必要な意思決定のスピードアップと内部統制を実現する、
TeamSpirit 電子稟議の3つの機能

コンプライアンス遵守や安全な職場環境の実現を求める声は年々高まっています。これに伴い、管理するべきドキュメントの量やそれに割くリソースは増える一方に......。
TeamSpiritは、特別な設備を準備することなく、この課題を解決できるITソリューションです。低コストかつ現場の混乱を最小限に抑えながら、信頼性の高い事業運営をサポートします。

1.導入したその日から、電子稟議でペーパーレスを実現

TeamSpirit は Salesforce Force.comをプラットフォームとした本格的なクラウドを採用。
特別な設備などの準備なしで、導入したその日から稟議の電子化が実現できます。

ワークフロー設定を行うことで、現行の承認プロセスもそのままシステム化が可能に。
スマホやタブレットなどマルチデバイスで稟議を承認することもできるので、企業の意思決定と実行のスピードを格段に向上させます。

動画で見る

2.入力する項目は既存のものをそのまま使える!

現在利用している稟議書の項目を TeamSpirit にそのまま設定していただけます。
住所変更届や資格取得申請など、社内で使用している稟議書をすべてブラウザ上で処理でき、電子データとして一元管理することができるので運用面の混乱を最小限に抑えることができます。

3.TeamSpiritのデータと連携した稟議の作成

プロジェクト、取引先などと関連した稟議の作成や、経費精算時に、稟議を紐付けた申請などをすることが可能です。
社内の人事に関する情報や、取引先に関する稟議も作成できるため、社内で取り決められたルールを変更する必要もありません。

※プロジェクト原価管理にはTeamSpiritLeadersが必要です。

稟議も勤怠も経費精算も一緒に承認したい!?

■主な機能【電子稟議】

稟議フォームの作成
Web稟議申請
各種ファイル添付
ワークフローによる承認(WEB、モバイル)
メール通知
承認予定一覧
差戻し
代理申請、代理承認
回覧
各種レポート
ダッシュボード
申請経路設定
各種権限設定
Page topへ