プロジェクト原価管理について|チームスピリット

プロジェクト原価管理

リーダーの総合的なマネジメント力を支え、高める3つの機能

最も価値の高い資源である"時間やリソース"。これを適切に配分することは、プロジェクトの収益性を高め、企業の成長にも寄与します。
TeamSpirit Leaders はプロジェクトの予算と、工数管理から得られた作業実績や経費精算と紐づいた経費情報を合わせて確認することができるので、管理職や経営陣の迅速な意思決定をサポートします。

1.リアルタイムなプロジェクト原価管理を実現

● プロジェクトのコスト管理意識を高める
リーダーは、計画上のリソースに実際のスタッフをアサインすることで、スタッフが TeamSpirit に入力した就業情報や工数を TeamSpirit Leaders で確認できるようになります。これにより、プロジェクトごとの原価管理をリアルタイムかつ正確に行うことができます。
この情報をもとに、効率化を図ったりリソース配分を調整するなど、次の施策をスムーズに検討できるようになります。リーダーに求められるアクションを集中して行える環境は、プロジェクトの収益性を高め、働く人やチームの生産性を向上させる好循環を生み出すことでしょう。

また、スタッフが TeamSpirit で精算した交通費などの経費をプロジェクトに直課させることができます。

● プロジェクトの見積もりも予実管理もワンアクションで
簡単に Salesforce との連動ができるので、Sales Cloud (SFA)の「商談」とを連携させ、商談段階からリソースベースでプロジェクトの見積りを算出できます。また、案件化の前から営業の活動状況を把握して、営業費や一般管理費を直接労務費として計上し、より正確な原価管理ができるようになっています。
受注前の潜在的な需要に基づくリソース計画を立案することもでき、受注後はそのままプロジェクトの予実管理にも活用していただけます。セールスから受注後の原価管理を、スピード感をもって進めることができます。

2.充実したレポート作成機能で、負荷状況などをリアルタイムで把握

● マネージャーが「すべきこと」をひと目で察知できる
日々新しいプロジェクトが作成され、作業実績が更新されるので、「社内で今どのようなプロジェクトがあって、誰がどの仕事をしているのか」を、ひと目で確認することができます。

PM視点での複数プロジェクトレポート

● 事業計画づくりに役立つデータがすぐ取り出せる
プロジェクト単位の損益やアサイン状況を把握することで、将来のリソース状況を予測したり、仕事の充足状況を把握することができます。
最適な営業計画、経営計画を描くことにもつながります。

リソース補充検討用レポート

2017年7月より

3.プロジェクトリスク保険を組込んだ原価管理が可能に。

東京海上日動火災保険株式会社のプロジェクトリスク保険サービスを組み合わせることで、TeamSpiritLeadersで管理しているプロジェクトのみを対象にした低価格での保険加入と、保険料をプロジェクト毎に原価として織り込んだ内部管理の実現が可能になります。
また万が一納入後の事故が発生した場合でも、「TeamSpirit」の工数登録・勤怠管理機能及び経費精算機能により、対応人件費や対応立替経費の集計が簡単にでき、保険請求も手軽に行うことができます。

価格詳細はこちらから

価格を見る

お見積り、デモ依頼など

お問合わせはこちら

プロジェクト原価管理なら...

TeamSpirit Leaders!

Teamspiritと連動させることで、実現するリアルタイムプロジェクト原価とWebブラウザーで実現するクラウド型シフト管理システム

勤怠管理・経費精算・工数管理をクラウドで一体化!TeamSpiritファミリーのご紹介

無料の紹介資料はこちらから!

「働き方改革」を実現するために、勤怠管理、経費精算、工数管理を一つに融合した『TeamSpirit』と、TeamSpiritと組み合わせて使い「ちょうどいいERP」を実現するファミリー製品のご紹介です。

無料資料請求

■主な機能【原価管理】

プロジェクト計画作成
タスク作成(週次、月次)
リソースランク割当て
担当者割当て( TeamSpirit ジョブアサインと連動)
経費割当て
SalesCloud(SFA)連携
プロジェクト計画印刷
プロジェクト実績登録
TeamSpirit 工数管理連携
TeamSpirit Leaders ダイレクト登録
各種レポート
顧客別
プロジェクト別
リソース別
ダッシュボード
Page topへ